舌をかむ

「食事のときに舌を噛んでしまう、、、」
「最近話しづらくなって、、、」
「食べづらい」

これらの訴えの原因は「かみあわせ」 にあります。

「かみあわせ」は上下顎の歯の接触です。
上顎の歯は頭蓋に固定され、 下顎は頭蓋にぶら下がっています。
下顎の位置を決めているのは、上下の歯の接触、つまり「かみあわせ」となります。



「かみあわせ」に問題が生ずると、下顎の位置にズレが生ずることとなるのです。
そのために、上記ののような症状が発現することとなります。

本来ならば頭蓋と上顎と下顎の正中(真ん中)が一致するのですが、「かみあわせ」に問題があると、それができません。
そのため、かみづらく、話しづらくなるのです。



右写真は、「咬んだ時」と「少し開口した時」に上下顎の正中の不一致が認められます。
不正な「かみあわせ」により、強制的にズレた位置でかまされている状態です。

そのため、話しづらく、食事もしずらくなってしまっています。

「咬みづらい」
「話しづらい」
「舌をかむ、痛い」

このように訴えると、他院の歯医者さんでは「気のせいでは?」と言われてしまうようです。

これらの症状は「気のせい」ではありません。 
問題には必ず「原因」があるのです。

宮﨑歯科医院では、咬合治療(かみあわせ治療)、矯正治療など全顎にわたる歯科治療の際は、徹底した診査を行います。
誰にも言えず相談できずに悩んでいらっしゃる患者さまが多くいらっしゃるようです。
いつでもご相談下さい。