トップページ > かみあわせのブログ > 骨格とかみあわせ(東京都内の歯医者)

骨格とかみあわせ(東京都内の歯医者)

骨格とかみあわせには、密接な関連があります。
矯正治療の際には必ず行う「頭蓋X線規格写真撮影」

この資料より、治療に必要な、また病態の原因を把握する上で多くの情報が得られます。

宮﨑歯科医院では、矯正治療に限らず、
・全顎的治療
・矯正治療
・かみあわせの不具合
・顎関節症

などの際、「かみ合わせの診査」の中で、次に示すような写真撮影を行います。


右写真は「顎角度の張った顔貌」
このような場合、
・咬筋が強いため、かむ力も強い
・歯のすりへりにより下顔面が短くなる
・その際の偏位は前方へ
・咀嚼パターンは水平的であり、歯に負担がかかりやすい
・臼歯部が喪失しやすい
・前歯のかみあわせが深くなりやすい
などの異常所見が認められやすいといえます。

 

 

 

また、
右写真のような側貌では、
・咬筋が弱く、かむ力も弱い
・下顔面が長くなる傾向にある
・すりへりにより下顎は後方へ偏位、前歯のかみあわせは浅くなる
・気道が狭く、口呼吸となりやすい
・舌をかみやすくなる
・口唇の抑えが弱く、口をあきやすい
・かみあわせの不具合により、下顎の偏位を起こしやすい

まったく対照的な2症例。
この点を把握せずに、矯正治療をはじめ、かみ合わせ治療、全顎的な補綴(かぶせる、インプラントなど)治療を行うと、のちのちに不具合が生ずることとなります。
必要な診査です。

宮﨑歯科医院では、術前の診査を大切にしています。

これから行う治療を「旅」に例えるならば、診査は出発前の準備であり、日程表であり、地図でしょう。
それらなくしても、旅はできますが、
迷ったり、思わぬ事態に巻き込まれたり、いつどこにつくのかわからない不安に駆られるでしょう。


診査はそういった不安や無駄をなくすために必要なもの。
徹底した診査により病態、病因を把握し、安心して治療は受けたいものです。

「人生とは嵐が去るのを待つ場所ではなく、雨の中でもダンスをして楽しむことを学ぶ場所である」(ヴィヴィアン・グリーン)

私の好きな言葉です。
人生には困難や無駄は必然必要ですが、歯科治療ではそういった無駄や困難は最小限にしたいものです。心持を前向きに事に取り組んでいきたいですね!