矯正治療(MTM)

インプラントとかみあわせ治療に付随した「小さな矯正治療」の一症例。

写真は上顎と右側方。

右上奥から4番目にインプラント治療を施術するともに、その後方の臼歯を矯正治療。

赤点線部の一番奥の歯が、上下ですれちがっているのがわかります。
このままでは、かむ力を「ささえる」ことができず、そのぜ前方に入れるインプラントの「長期的成功」にも影響を与えかねません。





このような場合、小さなインプラントを用いて、すれ違った歯を動かします。
①の赤矢印がマイクロインプラント。これを固定源に黄色矢印の歯を内側に移動させます。

②が移動中の写真。
その前の歯とほぼ同じ位置に移動してきているのがわかります。

現在はほぼ正常な位置へと移動終了し、もうそろそろ右側の治療も終了です。痛みもなく、経過も良好。

インプラント治療には、インプラントだけでなく、他の歯に対する配慮も必要です。
歯は一本で機能するわけではなく、全体の「バランス」が大切。
今日もその点をわすれずにがんばります。