治療の計画

先日、毎月参加している臨床検討会にて、「診査診断、治療計画」の大切さを再確認しました。


皆さんが家を建てる時、

『私は設計図を描けません』
『 私は設計図なしで家を建てます』

建築家がそう言ったら、どう思いますか??

逆も然り。

『下調べなどの細かいことはいいから、とりあえず家を建ててもらえる?』

依頼主がそう言ったら、良い家は建つでしょうか?

歯科治療においても同じ。
『診査診断に基づく治療計画』は、建築の『設計図』と同じ。

それ無くして『治癒』は困難でしょう。

困難な症例ほど、この 『設計図=徹底した診査と治療計画』が 必須です。

宮崎歯科医院では、「治癒」をめざします。
そのためには、徹底した診査と治療計画、そして患者様の「お気持ち」も必須です。

治療は登山に例えられます。

登る山は 症例の難易度、
そのルートは 治療計画、
そして登るのは、患者さま。我々はそのサポートなのです。

ヘリコプターで一気に駆け上がる、、というわけにはいきません。

遭難しないように、「治療計画」が大切です。