トップページ > 審美歯科治療 > 「審美」に対する考え方

「審美」に対する考え方


皆さん、大きなお口で笑っていますか?


宮﨑歯科医院では、
やり直しのない、長持ちする審美歯科治療」を実践しております。


この考えには、あるエピソードがあります。。。

私は以前、大学院在学中に、世界的に著名な韓国の歯科大学の教授と会食する機会をいただきました。
その教授の専門は「審美歯科」。
私はまだ駆け出しの歯科医師、相手は世界でもとても有名な先生でしたので、とても緊張したことを覚えています。


その頃の私の研究テーマは、「咀嚼」という、口腔機能に関する学問(咬合学)でした。
どのような上下顎のかみ合わせを付与すれば、機能的に、運動学的に健康になれるのかというような学問です。

会食の際、こんな機会はめったにないので、何か為になる質問はないか?と必死に考えて、

「歯科治療をする際、審美的にきれいにすれば、機能的にも健康になれるのでしょうか?もしくは、機能的な点に考慮して治療した歯は、審美的にもきれいになるのでしょうか? 先生はどのようにお考えですか?」
と聞いてみました。

すると、その教授は、
「とてもいい質問ですね。審美を求めても治療しても機能はついてこない場合がある。しかし、機能を追求して治療すると、自然と審美は付いてくるもののようです。」とおっしゃっていたのを記憶しております。


「歯科治療においては、機能的な回復が審美的にも美しくなる・・・」


歯はその方の印象を左右します。
歯のコンプレックスは、精神的に、とてもストレスのかかるものです。
患者さまが、「できるだけ速く!治したい」とお考えになるお気持ちはとても理解できます、、、が、
ただ、歯を削り、セラミックのきれいな歯をかぶせればいいということではありません。
一時はきれいでしょうが、そこに「機能」「長持ちする治療」はないのです。




虎ノ門 宮﨑歯科医院の考える審美歯科治療は、
「歯を美しくみせる」だけの審美歯科治療ではなく、
機能的な面にも考慮した、長持ちする審美歯科治療を目指し治療を行っております。

やり直しのない、長持ちする審美歯科治療・・・

審美歯科治療をお考えの方、ぜひ一度、宮﨑歯科医院へご相談ください。

 
最近、大きなお口で笑ってますか?(院長ブログにて) ←クリック