トップページ > インプラントに関するブログ > インプラントと入れ歯、どっちがいいの?

インプラントと入れ歯、どっちがいいの?

入れ歯は歯ぐきの上にのせ、残っている歯にワイヤーでひっかけてはめるため、
しっかりとして固定や安定が難しい場合があります。また、十分に噛むことができない場合もあるようです。
口腔内における安定性が悪いことより、「話しにくい」 「気持ちが悪い」 という違和感もあり、「年寄りっぽい」というイメージより、敬遠されがちのようです。

これに対してインプラントは、ご自身の骨に埋め込んで固定されるので、自分の歯のようにしっかり噛むことができ、入れ歯のような違和感はありません。審美的にも「きれいに、自然に」治療することが可能です。

インプラントと入れ歯の比較について(院長ブログにて)