トップページ > その他 > CT撮影

CT撮影

近年、医療用画像機器が飛躍的に進歩しています。

宮崎歯科医院では、インプラント治療に必要不可欠なCT撮影機器を完備します。

このような技術革新は、歯科医師が診断を下し、治療計画を立てる上で有用なだけでなく、患者さま自身が身体や病気を理解し、治療や健康について考えることのできる機会が増えた事を意味しています。

CT機器は、機器の「目」が医師の「目」を助けることとなり、診断の正確性を向上させる一助となります。

様々な方向から、生体を立体として把握することが可能なCT撮影。
従来のレントゲン画像では陰に隠れて見えなかった部分まで、詳細なる画像として把握することができます。

当院では、インプラント治療、親知らずの抜歯、根管治療などにCT撮影検査を活用し、最小の侵襲で最大の効果をあげています。



CTは、歯科治療すべての場面で必要不可欠な診査機器です。

・ 歯周病の術前診断
・ 根管治療の根管形態の精査
・ 歯列矯正の術前診断
・ 親知らずと下歯槽神経の位置の精査
・ 顎関節症の診断(下顎頭の形態精査)

一般開業医のCTの普及率は、歯科医院全体の数パーセントです。
歯科用CTにより、診断が確実なものとなり、治療の安全性や治療時間・期間の短縮につながります。『歯科用CTを導入しているか?』は、歯科医院を選ぶ1つの基準といえるでしょう。歯科用CTは、我々歯科医師にとっても、治療を受ける患者様にとっても視覚的に分かりやすく、「安心と安全」を与えてくれる必要不可欠な診査機器といえます。




従来のレントゲンでは、平面的な2次元画像しか得られません。

そのため、インプラント治療に必要な骨の状態(厚さや密度)、下あごの神経の位置(これにインプラント体が触れると危険です)などが正確にわかりません。

根管治療(神経の治療)に必要な根管の形態を正確に把握することはレントゲンでは不可能です。

術前に歯科用CTで精査することで、インプラント治療だけでなく、すべての治療を安全確実に行うことが可能となります。

当院では、CTによる正確な診断をご利用頂くため、他院の先生方からのCT撮影依頼も受け付けております。お気軽にご依頼ください。

歯科用CTの日本全国にへの普及は年々増加しておりますが、それでも歯科医院全体の数%にすぎないといわれています。

ご依頼の際は、検査部位、治療内容をお知らせください。当院にて撮影し、患者様に直接CD-Rにてデータをお渡しさせて頂きます。インプラント治療だけでなく、歯根破折や根尖病巣の確認、根管形態の精査、上顎洞への距離、下歯槽管との位置関係精査、歯周病治療や、矯正治療、顎関節症治療などにご活用いただければ幸いです。

撮影料金などの詳細につきましては、お電話あるいはメールにてお問い合わせ下さい。