歯根切除術

むし歯は唾液中の「むし歯菌」が歯に感染し、歯を溶かしながら内部に感染を拡大する疾患です。感染した菌を排除し、削った部分を回復するのが歯医者の仕事です。

早期であれば削る量は少なく、放置することで感染は内部に拡大し、神経の除去や歯を支える歯槽骨まで除去することがあります。

症例は、上あご前歯の根管治療です。大変ご苦労を重ねての当院への来院。前向きに一生懸命頑張って通院する姿勢に頭の下がる思いです。

黄色点線部分へ感染が拡大しています。歯だけでなく、歯を支える歯槽骨への感染拡大です。まずは神経の在った『根管』内を十分清掃し感染を除去します。その後、黄色の部分をオペに除去します。このオペを「歯根端切除術」といいます。

 

 

歯根端切除術は、歯の根尖より感染拡大した病巣を取り除く手術です。この手術により、歯を抜かずに残すことが可能です。当院ではすべての治療で無痛麻酔、無痛治療。

とても大切な前歯、あらゆる手を尽くして抜かない治療を目指します。

患者さまともよくお話しをして、治療方法を決定します。歯科医師のすすめる治療が患者さまにとって最高の治療とならない場合もあるのです。

本症例では、いまある歯を守るためにも奥歯にインプラント治療を施術しています。かみあわせの「」に対抗するためにも、歯を極力削らない方法としても、インプラント治療は効果を発揮します。全体を仮の歯に置き換え、最終的な治癒を目指します。患者さまとともに治癒へ向かって前向きに努力です。