トップページ > その他 > 保険外治療とは

保険外治療とは

保険治療とは?保険外治療とは?

歯科治療には、保険治療保険外治療(=自由診療、自費診療)があります。治療費の一部を国が負担し、ルールで決められた方法・材料で行うのが保険治療です。患者さまもクリニックもこのルールに従わなければなりません。当然限界があります。保険治療は、誰にでも当てはまる必要最低限の治療ですが、誰もが受けることのできる便利なシステムです。

国民医療費の増大と財源の縮小により、保険治療でまかなえる範囲は少ないのが現状です。保険治療は、「病気に対する治療」であり、「最低限の機能回復」に重きが置かれています。残念ですが、「より自然に、より快適に」という考え方は保険治療にはありません。そのため、「より自然に、より快適に」に貢献するインプラント治療、矯正治療、審美歯科治療、かみあわせ治療は、保険治療の対象外とされています。

医療は日々進化してます。いまでは治療法として多くの選択肢が用意されるまでになりました。価値観や個体差に対応しなくてはならない現代の歯科治療において、画一的なルールに則った旧態依然の保険治療には限界が見え隠れします。

宮崎歯科医院の保険外治療とは

「歯を白くするなら保険外治療のセラミックですね、費用は〇〇ですよ」
こんな説明を受けたことはありませんか?

この説明では、「セラミック」という「材料の値段」にばかりフォーカスされ、そこに注ぎ込まれる「知識や技術、経験」は無視されています。これでは1円でも安いところの方がいい!と考えるのはあたりまえなのかもしれません。

保険治療では、一定のルールが患者さまと歯科医師に課せられますが、保険外治療にはそれがありません。

歯科治療は「ものづくり」的な側面、職人的な側面をもちます。「ものづくり」の価値は、「どれだけの人が携わり、その携わる人の知識と技術と経験」にあると言われます。
保険外治療の価値は、保険のルールに囚われない、「携わる人の知識と技術と経験、心遣いの結集」なのです。

セラミックを代表とする素晴らしい材料や、高度な設備や器具器材を使用したとしても、使うのは「人(ひと)」です。同じ材料、同じ機器を使用しても、使う人の「知識、技術、経験」に違いがあれば、結果は大きく変わるでしょう。

歯科治療は人工物を身体に装着する医療です。歯科医師の知識や技術だけでなく、その考え方や「心」までもが治療の結果に影響を与えます。

しかし、患者さまに「目に見えない価値」を説明するのは困難を極めます。またその良し悪しは、治療後しばらくたってからでないと評価できません。
当院と他院を、金額や材料を比較し検討される患者さまもいらっしゃいますが、優劣の判断は困難を極めることでしょう。

そのため、宮崎歯科医院では、患者さまとの長いお付き合いをお願いしております。

長いお付き合いの中から、我々の知識と技術、心構えや熱意がご理解いただけるかと思います。 そこにこそ「保険外治療の価値」が見いだせるのではないかと感じております。