トップページ > その他 > インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ

インプラントとは、人工の歯根のことです。歯を失った部位の骨内にチタン製の人工歯根を埋め込み、歯を再生させる治療法です。インプラントは第2の永久歯とも呼ばれています。入れ歯と比較して、見た目も優れ、違和感が少なく自然なかみ心地が得られます。必要以上に残存歯を削らない治療で、歯に優しい削らない治療として注目を集めている治療法です。インプラントは、埋め込むインプラントフィクスチャーとその上にかぶせる上部構造から構成されます。

歯周病検査、写真撮影、模型診査、レントゲン診査、CT撮影、かみ合わせ検査など、口内全体の診査を行います。

カウンセリング相談を通して、患者さまのご希望を伺い、治療計画を立案します。その後、方法、費用、期間などのご説明をして治療をはじめます。

 

インプラントは天然歯以上に歯周病に弱いため、歯周病の初期治療を行い、口腔内の環境を整えます。

また、かみあわせの観点から関連する箇所に治療が必要な場合はあわせて治療を行います。

 

純チタン製のインプラントフィクスチャー(人工歯根)を骨内に埋め込みます。

手術中は感染を避けるため、使用する器具器材は厳重なる滅菌消毒を行い、施術者は滅菌ガウンおよび滅菌グローブにて施術します。

無痛麻酔無痛治療なので安心です。

 

インプラントフィクスチャーと骨が結合するまで(オッセオインテグレーション)期間を待ちます。

待機期間は、上あごで4~6か月、下あごで2~3か月が平均です。

症例により期間は異なります。

 

埋め込んだインプラントフィクスチャーの頭出しをします。

症例によりますが、合わせて歯周外科手術(歯周病に強い歯茎をつくります)を行うことがあります。

 

歯茎の治癒と安定後に、精密なシリコーンを用いて型どりをかたどりをします。

 

患者さまのご希望と、審美・機能の両面から診て決定した上部構造を装着します。これで治療は終了です。

当院では原則「スクリュー固定式」を採用します。

 

治療の終了は、患者さまのこれからの「スタート」です。

インプラントを長持ちさせるために、治療後は定期的にメンテナンスが必要です。

症例に応じて3~6か月おきのメンテナンスを行います。