トップページ > インプラントのブログ > 金属アレルギー インプラント

金属アレルギー インプラント

歯科インプラントの主流である『チタン』は、生体適合性の高い身体に優しい金属材料ですが、急速に普及するインプラント治療とともに、チタンインプラントに金属アレルギーを訴える患者さまがいらっしゃることも事実です。

現在歯科インプラントに使用されるチタンは、純チタンとチタン合金が主となっています。
ともに生体適合性の高い材料です。チタンは、インプラント以外にも矯正用ワイヤーや金属床義歯(入れ歯)にも使用されています。

ごく少数ではありますが、歯科インプラントのチタンにアレルギーを示す文献や発表があります。
チタンは非常に生体適合性の高い材料ですが、チタン表面に大きな外力が加わるとダメージを受け、表面の安定な不動態被膜が壊れチタンイオンが溶出しやすくなり、それがアレルギーの原因ではないかという記述があります。そのため宮崎歯科医院では、純チタン製のインプラントフィクスチャーを用いて外力のかからない埋入操作および力を逃がす「かみあわせ」に注力したインプラント治療を行うよう心がけています。

「チタンだからアレルギーは絶対に起きない」とは説明できない現在ではありますが、チタンは生体適合性の極めて高い材料であることも事実です。

チタンに対してアレルギーを発症しやすい体質の患者さまとして、

・薬、食品、化粧品をふくめ、複数の物質にアレルギー症状がある
・原因が明らかとなっていないインプラント失敗の既往がある
・掌蹠膿疱症、口腔扁平苔癬などの金属アレルギーに関する疾患の既往がある

が挙げられています。このような患者さまは、術前にチタンアレルギー検査を行うことが望ましいでしょう。

現在普及しているインプラントシステムは成功率の高いインプラントです。
ご心配な点はご質問ください。お力になれるでしょう。