矯正治療

宮崎歯科医院では、矯正治療をおこなう前に、徹底した診査を行います。

適正なる診査と診断は、治療期間を短くします。
適正なる診断なき治療は、治癒の遠回りです。

そのため、診査の見落としがないように、誤った診断とならないように、その都度、矯正専門医の先生が主催する研究会に症例を報告し、当院の診断に誤りはないか? 治療方法に問題はないか
?など精査をします。

矯正治療だけでなく、全顎的治療(口内全体のかみあわせ治療)にも同様な精査が必要でしょう。  
上記写真は、その症例スライドの一部です。

全顎的治療・矯正治療の症例すべてにおいて、このスライド記録作業を行います。

このようなスライド製作には、膨大なる時間がかかります。そのため診療後に行うのですが、とても骨の折れる作業です。

しかし、患者様の治癒には不可欠な作業。
手抜きは不要、今日もがんばります。