トップページ > かみあわせのブログ > 脳は変化を拒絶する

脳は変化を拒絶する


歯の治療はストレスです。

できることならしたくないことでしょう。しかし、決断をせずに放置すると、あとでとんでもないしっぺ返しがあるのです。

こんな言葉があります。

『脳は変化を拒絶する』 (ロバート・マウラー)

「すぐに結果を出したい!」
「目標達成には厳しい努力をしなければならない!」
「辛い事を耐える為に、セルフコントロールをすべき!」

これらは「方向違いの努力」なのだそうです。

つまり、“挫折する人の脳の仕組み”であり、一歩を踏み出せない人の思考回路なのです。

仮に「1ヶ月でダイエット!」の「大変革」をしようとすると、脳の扁桃体が警報を発生して、その「変化」を拒絶します。生体は、自分自身の生命の「安定」を好むのです。

そして、脳は「変化」に恐怖を抱くのです。

しかし、メジャーリーグ イチローの考え方はちょっと違う。

『今、与えられた課題を1つずつクリアしていく。
今日、自分にできる事を1つずつ』

脳に気づかれないように、少しずつ少しずつ、無理をせずに努力をするんだそうです。
小さな1歩がを積み重ね、大きな変化を遂げる。これが『最短の道』となのでしょう。


当院では、徹底した診査の上、最短の治療計画を立案し、すべての治療において無痛治療で挑みます。

決断の先送りではなく、まずは小さな一歩を。
いつでもご相談ください、きっとお力になれるでしょう。