トップページ > インプラントのブログ > インプラントは都内虎ノ門神谷町霞ヶ関宮崎歯科医院

インプラントは都内虎ノ門神谷町霞ヶ関宮崎歯科医院

来院時には歯が割れ、大きな病巣を形成していました。

まずは丁寧に抜歯をし、病巣をきれいに取り除く。インプラントを前提に骨ができるように処置をして骨ができるまで経過をまちます。

この症例では、他の歯の治療もあったため、約1年間、しっかりとご自身の骨ができるまでまってからインプラント手術です。

痛みなく、30分ほどの処置。

下あごの臼歯部(奥歯)には、神経が走行しているため、CTで確認しつつインプラントを埋入します。神経からは2mm距離を置いて埋入です。

次の日には傷もふさがり、痛みもなし。

歯ではとてもご苦労を重ねているにもかかわらず、いつも前向き笑顔な患者さま。
あともう少しですね、がんばりましょう!(^^)/