トップページ > マイクロスコープ > マイクロスコープ

マイクロスコープ

マイクロスコープ拡大鏡CT撮影ラバーダム

今後の歯科治療には必須の最新診療機器でしょう。

右レントゲン写真は、他院にて治療後、痛みが引かず、当院を受診された患者様のレントゲン写真です。


レントゲン写真では明確な異常所見は見られません。


そこでCTを撮影を行います。

通常この歯は、歯根が2本あり、神経(根管)は、3本、4本、あるいはつながっている場合があります。

そのために、裸眼による治療では、小さな根管は見落としがちとなるようです。それが痛みの原因となります。

そのため、宮座歯科医院では、レントゲン撮影に加え、CT撮影診査、拡大視野(マイクロスコープあるいは拡大鏡)で治療を行っております。


CT画像では、4根管(4つの神経の存在)が疑われます。

右写真は、ラバーダム防湿をした上で根管治療を行っている途中のマイクロスコープ画像です。この画像は、裸眼と比較して、約12.5倍拡大です。

裸眼では見えない赤い線の位置に、4つ目の根管( 神経)をみつけることができました。

これが痛みの原因となっていたようです。
裸眼では診ることのできないものを、拡大して診て、処置ができる「マイクロスコープ」。

宮崎歯科医院では、すべての診療において、「精度」を求めます。
すべての治療で「拡大視野」にて治療に臨みます!

 

神谷町、虎ノ門、霞ヶ関、東京、関東、信頼できる歯医者、歯科、宮崎歯科医院。
インプラント、根管治療、かみあわせ(噛み合わせ)咬合治療、歯周病、矯正、審美歯科治療、ホワイトニング、金属アレルギーに対するメタルフリー治療、無痛(痛くない)治療をCT、マイクロスコープを駆使して挑む。セカンドオピニオン、メール、いつでもご相談下さい!