トップページ > 院長ブログ > 抜歯も治療の1つ

抜歯も治療の1つ

歯は削らないに越したことはありません。

しかし、歯を抜かざる得ない時もあります。
それは、
「歯が割れていた場合」
「残っている歯が少なすぎる場合」 です。

むし歯、歯周病は、唾液の中にある「細菌」の感染症です。

歯科治療は、細菌感染の除去が治療の目標であり、状況によっては、その歯そのものと一緒に感染を取り除く、すなわち抜歯することも治療のひとつになりえます。

さらなる感染拡大を予防する処置として、抜歯も治療の1つなのです。

歯を抜くか、抜かないのか? この観点で治療計画を考えると、のちのち後悔することもあるのです。

宮崎歯科医院では、まず歯を残すことを第一に考えます。

しかし治療法は様々です。

歯を残す治療のメリットと注意点、抜歯のメリットと注意点をご説明します。

予後が不明瞭な治療法については、その後どのような経過へと推移し、その後どんな対処法が必要となるのかまで説明します。

ご決断は患者様です。そして患者様のご決断が、最良のご決断でしょう。

お困りの際はいつでもご相談ください。お力になれます。