トップページ > マイクロスコープ > 肉眼では見えません

肉眼では見えません

むし歯が歯の神経にまで及ぶと、神経の治療が必要です。これを根管治療といいます。

当院の根管治療時の写真です。
治療中に、治療部位に唾液が混入すると、唾液には菌が存在するため、治癒を阻害します。
そのため、このようなラバーを張り、治療を行います。これをラバーダムといいます。

左が裸眼、右が10倍拡大。

宮崎歯科医院では、インプラント、根管治療、つめものかぶせもの、審美歯科治療、痛くない麻酔など、すべての治療において、肉眼では行いません。拡大ルーペやマイクロスコープを用いて治療を行います。

肉眼では見えてないのがおわかりになるかと思います。肉眼は、「勘」です。

「勘」に頼る治療、「マイクロスコープ」で確実な治療、、、どちらを選択されますか?

 

神谷町、虎ノ門、霞ヶ関、東京、関東、信頼できる歯医者、歯科、宮崎歯科医院。
インプラント、根管治療、かみあわせ(噛み合わせ)咬合治療、歯周病、矯正、審美歯科治療、ホワイトニング、金属アレルギーに対するメタルフリー治療、無痛(痛くない)治療をCT、マイクロスコープを駆使して挑む。セカンドオピニオン、メール、いつでもご相談下さい!