トップページ > 当院の根管治療 > 根管治療の難しさ

根管治療の難しさ

歯の神経の走行です。非常に複雑ですね!
むし歯が神経にまで至ると、この複雑な神経をすべて取り除かなくてはなりません。

そのため、はじめての神経の処置がとても大切です。
初回の神経の治療の成功率は90%以上ですが、2回目以降では70%以下へと下がります。

この90%の成功率、70%の成功率の条件として、ラバーダム防湿があるのです。 

このような複雑な走行を明確にするために、CT撮影が効果的です。

当院では、すべての症例にラバーダム防湿を行い、CT撮影を適宜行います。

安心確実な神経の治療(根管治療)。歯を抜かずに残すには不可欠な治療法でしょう。