トップページ > 当院の根管治療 > 根管治療に使用する薬剤について

根管治療に使用する薬剤について



根管治療に使用する薬剤として、水酸化カルシウム製剤が一般的であり、当院では本薬剤を主に使用しています。

ほか、日本で使用される薬剤は、その細胞毒性や発がん性、抗菌性や組織障害性などより当院では使用せず、また世界的にもほとんど使用されていません。

適切に根管内を清掃、洗浄後、ペーパーポイントにて水分を除去し、丁寧に水酸化カルシウムを塗布します。

水酸化カルシウムは7日間で効果があるとされています。そのため、次回のご予約は1週間後が望ましいといえるでしょう。

EDTAやクエン酸などを用いて適切な効果が得られるよう、薬剤の取り残しがないよう細心の注意を払います。しかし、根管系は複雑多岐にわたります(イスムス、副根管、側枝)。

可能な限り根管内の細菌数を期待する治療をあきらめずに行いますが、細菌数を0(ゼロ)にしてくれるものではありません。根気強い治療が求められるのです。


神谷町、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、霞ヶ関、東京、関東、信頼できる歯医者、歯科、宮崎歯科医院。

インプラント、根管治療、かみあわせ(噛み合わせ)咬合治療、歯周病、矯正、審美歯科治療、ホワイトニング、金属アレルギーに対するメタルフリー治療、無痛(痛くない)麻酔、治療をCT、マイクロスコープを駆使して挑む。舩井(船井幸雄)先生の良い歯医者としてホームページや著書にて紹介された経緯をもつ。セカンドオピニオン、メール、いつでもご相談下さい!