トップページ > かみあわせのブログ > インプラントなら都内虎ノ門・神谷町・霞ヶ関の宮崎歯科医院

インプラントなら都内虎ノ門・神谷町・霞ヶ関の宮崎歯科医院

たとえばこの症例。左下の奥歯にインプラントは必要でしょうか?

インプラントの目的は、食より健康長寿に寄与し、質の高い生活を送って頂くことでしょう。
歯を抜いたから、必ずインプラント、というわけではないのです。
歯を抜いても何もしないで経過を診てもいいでしょう。
ブリッジができるのなら、ブリッジ。
入れ歯でもいいのではないでしょうか。

毎日の食生活に問題がなければ、どんな方法でもいいのではないかと思います。

ただし、1つの歯を失うということは、他の歯に負担がかかるということ。
歯を失う原因は、むし歯や歯周病だけではありません。

歯の数が少なくなり、負担過重で歯が欠けたり折れたり、ヒビが入ってむし歯になることもしばしばです。

さらなる歯の欠損を拡大させないために、第2の永久歯と呼ばれるインプラントは、削ることのない、他の歯に負担のかけることのない治療として、とても身体に優しい治療といえます。

話は戻ります。
上の症例、どんな治療が最適といえるでしょうか?

よく歯医者さんでは、「ブリッジは歯を削るから良くない、入れ歯は歯にバネをひっかけるから残った歯に負担がかかるから良くない、だからインプラントがいいんです 」というような説明を受けてませんか??

本当にそうでしょうか??

宮崎歯科医院では、その点も考慮に入れて治療法を選択致しますが、それだけではありません。

ちなみに、上の症例は、インプラントが最適です。 
欠損の放置やブリッジ、入れ歯は治療法としては不適切でしょう。

インプラント治療に関するセカンドオピニオンのご相談が多数寄せられます。
ご相談下さい、患者様に最善の治療法を一緒にさがしましょう。

神谷町、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、霞ヶ関、東京、関東、信頼できる歯医者、歯科、宮崎歯科医院。

インプラント、根管治療、かみあわせ(噛み合わせ)咬合治療、顎関節症、歯周病、矯正、審美歯科治療、ホワイトニング、金属アレルギーに対するメタルフリー治療、無痛(痛くない)麻酔、治療をCT、マイクロスコープを駆使して挑む。舩井(船井幸雄)先生の良い歯医者 名医としてホームページや著書にて紹介された経緯をもつ。セカンドオピニオン、メール、いつでもご相談下さい!