歯を抜く 注意!

歯を抜く際には注意が必要です。ただただ抜いてはいけません。

可能な限り歯を残す、抜かないのは当たり前ですが、
どうやっても残せない歯や、残すことで後々に周りの歯に悪影響を及ぼしてしまうことがあるのも事実です。 歯だけでなく、歯を支える骨にまで炎症が波及していると、腫れた感じや違和感があるものの、これといった症状がないことが多いものです。
その歯を将来のために抜かなくてはならないと言われても納得しづらいのが患者様の心理でしょう。

宮崎歯科医院では、セカンドオピニオンが多いこともあり、患者様にわかりやすく説明しています。

歯を抜く際は、注意が必要です。
その際は、ソケットプリザベーションをした方がいいでしょう。

歯を抜くと、骨に穴が空きます。
その穴に、血液がたまり、血液が骨や歯茎になっていきます。
つまり、血液がその穴に溜まらないと骨ができないということです。
上の図のように、健康な骨の状態で歯を抜けば、元通りに骨は治ります。

しかし、歯周病やむし歯により、骨が一部なくなってしまっている症例ではどうでしょう?
歯を抜いた後の穴を「コップ」に例えるとわかりやすいようです。

割れたコップでは、割れていないところまでしか水は溜まりません。

つまり、歯周病やむし歯により骨が失われている症例では、そのまま歯を抜いてしまうと、上の図のように、極端に骨が失われてしまうことになるのです。

たとえば、その後にブリッジやインプラント治療をしようとしても、極端に長い歯をかぶせたり、インプラントしようとしても、できない!あるいは時間と費用をかけなくいけない状況になってしまいます。

当院では、治療の選択肢を広げることのできる優しい治療を心掛けています。

左下大臼歯、ブリッジの歯を抜かなくていけない症例について

 


神谷町、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、霞ヶ関、東京、関東、信頼できる歯医者、歯科、宮崎歯科医院。

インプラント、根管治療、かみあわせ(噛み合わせ)咬合治療、顎関節症、歯周病、矯正、審美歯科治療、ホワイトニング、金属アレルギーに対するメタルフリー治療、無痛(痛くない)麻酔、治療をCT、マイクロスコープを駆使して挑む。舩井(船井幸雄)先生の良い歯医者 名医としてホームページや著書にて紹介された経緯をもつ。セカンドオピニオン、メール、いつでもご相談下さい!