トップページ > かみあわせのブログ > かみあわせなら都内虎ノ門・神谷町・霞ヶ関の宮崎歯科医院

かみあわせなら都内虎ノ門・神谷町・霞ヶ関の宮崎歯科医院

〇かみあわせ(咬合・噛み合わせ)の異常・違和感や顎関節症の治療と称して、上下の歯を削る。
〇矯正治療の過程で、下あごを後方へ押し込む。
〇噛み合わせ治療の際に、全身姿勢を考慮していない。

セカンドオピニオン、来院された患者様、他院にて矯正治療中の患者様を最近拝見し、その口内の様子で目に余る上記の内容。

下あごの華奢な(上図左の顎骨症例)患者様に対しては、慎重な咬合調整(かみあわせの調整)が必要です。調整とは、削ることではありません。

不用意に削れば上下の咬合高径(下顔面の長さ)が短くなり、上下の歯は短くなり、その内に存在する「舌」のスペースが損なわれます。

不用意な抜歯矯正も同様です。抜歯矯正すべてが良くないというわけではありませんが、
顎骨の華奢な症例の下あごを後方へ押し込むようなことをしてはいけません。

咬合高径を下げること、舌の位置を狭くすること、下あごを後方に押し込むことは絶対してはいけないことなのです。

神谷町、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、霞ヶ関、東京、関東、信頼できる歯医者、歯科、宮崎歯科医院。

インプラント、根管治療、かみあわせ(噛み合わせ)咬合治療、顎関節症、歯周病、矯正、審美歯科治療、ホワイトニング、金属アレルギーに対するメタルフリー治療、無痛(痛くない)麻酔、治療をCT、マイクロスコープを駆使して挑む。舩井(船井幸雄)先生の良い歯医者 名医としてホームページや著書にて紹介された経緯をもつ。セカンドオピニオン、メール、いつでもご相談下さい!