トップページ > かみあわせのブログ > 東京都内 顎関節症 かみあわせ

東京都内 顎関節症 かみあわせ

かみしめ、くいしばり、歯ぎしり、顎関節症やかみあわせの違和感、睡眠時無呼吸などの症状でマウスピース(スプリント、ナイトガード)を使用して治療します。

当院でかみしめの気になる患者様にお配りする資料です、ぜひご覧ください

マウスピースは一般的な総称です。種類は症例に応じていくつかありますが、当院で使用するマウスピースをご紹介します。

〇ナイトガード
夜間睡眠中に無意識におこなう「はぎしり」や「くいしばり」による歯の摩耗をふせぐために装着するマスうピースです。咬む面は歯の形となっており、軟らかいものから硬いものまであります。

〇スプリント(顎関節症治療に使用)
顎関節症やかみあわせに問題がある患者様に使用します。
当院で使用するスプリントはアメリカミシガン大学で開発使用されるミシガンタイプバイトプレーンスプリント を第一選択に、かみあわせの診査に使用します。
症例に応じて、アムステルダム型ミニスプリントなど様々なスプリントを用いて治療に臨みます。

〇睡眠時無呼吸用マウスピース(スリープスプリント)
症例に応じて3種類ほどのマウスピースを選択・使用します。

〇スポーツ用マウスピース
スポーツで使用するために装着するマウスピースです。
コンタクトスポーツ(格闘技、ラグビーなど)とノンコンタクトスポーツ(ゴルフ、トレーニングなど)で異なるマウスピースを製作します。色やデザインを選択することが可能です。

上の写真は、ナイトガード。夜間睡眠中に装着して、はぎしりやくいしばりから歯を守るマウスピースです。ただ製作・装着するだけ良い症例もありますが、装着することで歯ぎしりを誘発してしまう症例もあります。
青の矢印はその一工夫を加えることで、顎への負担を軽減し、くいしばる力を小さくします。