トップページ > インプラントのブログ > インプラント 右下小臼歯の症例

インプラント 右下小臼歯の症例



右下小臼歯の抜歯と同時のインプラント手術の症例です(抜歯即時インプラント手術)。
レントゲン矢印の歯の歯根が折れてしまいました。歯で大変ご苦労を重ねてきている患者様。折れたは、以前にファイバーコアにて処置をさせて頂いてたのですが、ブラキシズムにより折れてしまいました。破折しないようにファイバーコアを用いて、かみあわせについても細心の注意を払い、ナイトガードも使用していたのですがとても残念でなりません。



術前には”CTシミュレーション”を行います。CTなしに、インプラント治療はありえません。当院にはCTを常設、インプラント治療だけでなく、根管治療親知らずの抜歯の際に使用します。
このシミュレーション通りに術式を行います。当然、CT撮影にて骨幅骨量が不足した際は、インプラント治療を断念する場合もあります。本症例では下歯槽管までの距離、骨幅共に十分でしたので、歯根破折により失われた骨は、β-TCPという人工骨+自家骨にて補い治療することとしました。



手術中、患者様のお顔まわりはドレープという布を被せます。お口以外は滅菌消毒した布で覆い、術中の感染を未然に防ぎます。手術には、手術を行う歯科医師、第1アシスタントの歯科衛生士、第2アシスタントの歯科衛生士、術中のカメラ記録の4名で手術に臨みます。



まずは無痛麻酔。その後に抜歯します。できるかぎり歯肉を傷つけずに抜歯することで、周囲歯肉への血液供給を保ちます。このように丁寧に抜歯することで、術後の痛みが少なく、治りの早い予後が得られます。もちろん、この後に埋入するインプラントフィクスチャーの定着も良好なものとなります。インプラント治療の際は、ただ抜いてはいけないのです。歯肉を傷つけず、その下の骨を傷つけない丁寧なテクニックが大切です。




抜歯後は通常通り、ドリリングを行います。通常のインプラントは、骨に穴をあけてそこにインプラントフィクスチャーをねじ込みます。しかし抜歯と同時にインプラントを埋入する場合は、穴はすでに空いています。抜歯により生じた穴に、最小限にドリリングを行い、インプラントフィクスチャーを置いてくるのです。あとは自然の治癒にまかせます。より自然に、より痛みなく、より治癒がはやい、より骨を残すインプラント治療が当院の抜歯即時インプラント手術です。インプラントをお考えの患者様は、ただ抜歯してはいけません。抜歯と同時にインプラントを埋入するか、それができない症例ならば、ソケットプリザベーションを行いましょう。インプラントについてご心配なことがあればご相談ください。



インプラントフィクスチャーは滅菌消毒、厳重にパッキングされた状態で用意されます。慎重にとりだし、丁寧に、ゆっくりとインプラントフィクスチャーを骨内に埋入します。過度な力、早すぎる埋入スピードは、骨に熱をもたせ、骨壊死をまねき、骨とインプラントフィクスチャーの結合を阻害します。結果失敗症例となるのです。当院ではインプラント失敗症例は0(ゼロ)です。安心して治療を受けて頂けます。 


インプラントフィクスチャーの埋入には、インプランターという機器を使用します。埋入速度、トルク、注水などを自動コントロールできるインプラント治療に不可欠な治療機器です。また、最終的な繊細な埋入には、写真のようなトルクレンチを使用します。



埋入が終了した状態が左の写真です。右写真はそのインプラントフィクスチャーにキャップ(封鎖キャップ)を装着するところを記録しています。歯肉より4mm下、歯槽骨よりマイナス1mmの位置までフィクスチャーを埋入することで、審美的にも機能的にも優れたインプラントを植立することができます。



左写真は、埋入したインプラントフィクスチャー周囲にβ―TCPと自家骨を混ぜた人工骨を填入した状態です。これにより、よりしっかりとしたインプラントまわりの骨をつくることができます。傷口にはテルプラグというアテロコラーゲンをおきます。縫合はしません。この後に一工夫を加えて治療終了です。この一工夫で痛みのない術後がえられます。



写真は翌日の状態です。患者様に痛み、腫れなどの不快な症状は全くありません。
ご紹介やセカンドオピニオンなどでインプラントについてご相談を頂きます。まわりの方々がインプラントで大変なご苦労を経験されているようで、本当に大丈夫ですか?というご質問がとても多いのですが、当院では、失敗症例は0(ゼロ)、不快症状についてもありません。

以上がインプラント抜歯即時埋入手術の治療手順です。
最初から最後まで、無痛麻酔・無痛治療です。なんだかわからないうちに手術は終わります。時間にして30分ほどでしょう。

ご質問などございますときはお気軽にご相談下さい。