トップページ > その他 > インプラント 虎ノ門宮崎歯科医院

インプラント 虎ノ門宮崎歯科医院

右上のブリッジを支える歯、右下の歯(白い矢印の歯です)がすべて折れてしまい抜歯しなくてはなりません。患者様はとても明るく大らかな方で、この状況でも痛みを感じていませんでした。痛みがなくても、歯が折れた状況をそのままにすると、歯を支える骨がとけてなくなってしまいます。このようなときは、それ以上歯を支える骨をなくさないように抜歯しなくてはなりません。



インプラント治療では、術前にレントゲンに加え、CT撮影をします。ブリッジ周囲の骨は、かなりなくなってしまっていることがわかります。レントゲンでは像が重なり明確には診えませんですが、CTではその厚み深さなどをmm単位で正確に計測することが可能です。インプラントはCTシミュレーションでその治療の正否が決まるといっても過言ではないでしょう。CT設備のない医院ではインプラントを行うべきではありません。



CTシミュレーション画像です。当院では診療後の18:00以降にこのCT分析を行い治療術式をシミュレーションします。どの部位にインプラントフィクスチャーを埋入するとどうなるか?その際には人工骨の補填は必要か?切開縫合は?など多くの治療術式を想定し、患者様に提案し、ともに最善の治療を模索します。本症例は、ブリッジを支える2つのはを抜かなくてはいけません。抜いても噛めるようにする、これがなかなか難しい!



まずは結論から。インプラント術前、術後の口内写真です。
ブリッジを抜歯して、抜歯した部位にインプラントを2本白い矢印部分に埋入しています。インプラントは、インプラントフィクスチャーを歯槽骨にねじ込むことで固定が得られます。これを初期固定といいますが、その固定力は術後2から4週間で弱くなると言われています。しかし同時に2~4週間でその周りに骨ができ、真の固定が得らるようになります(これをインテグレーションといいます)。そのため、術後2~4週間は過度な負担をかけないような注意が必要です。そのため、白い矢印に埋入したインプラントには力をかけないようにしたい。そのため、黄色い矢印の部分に暫間インプラントを埋入し、後方の歯を連結したブリッジの仮歯を装着し使用してもらうこととしました、インプラントにインテグレーションが得れれ使えるようになったら、この暫間インプラントは除去する予定です。

次に実際の術式を白黒写真にてご説明します。



ブリッジを除去し、歯肉を傷めないように、周りの骨を壊さないように、丁寧に抜歯します。これがとても大切です。


抜歯した部位に、インプラントフィクスチャーを埋入します。白い矢印に通常のインプラントフィクスチャーを、黄色い矢印部位には仮歯を支えるためだけに使用する暫間インプラントを設置埋入します。インプラント周囲の骨が足りない部分にはβ-TCPというハイドロキシアパタイト人工骨を填入し、骨の再生を促します。



インプラント周囲にテルプラグというアテロコラーゲンを填入し、縫合します。術後のレントゲン写真と、術直後の口内写真です。
手術は1時間ほどで終了します。当然入院などはありません。無痛麻酔、無痛治療、術後の痛みもほとんどありません。抜歯してすぐにインプラントを埋入する術式は、抜歯して治癒する力を利用してインプラントと結合させるため、手術回数、治療期間を短縮させ、痛みも少ない術式です。
来院時と帰宅時では、口内の状態は変わりません。噛めます。安心して治療を受けて頂けるでしょう。



手術翌日は消毒のために来院していただきます。痛みは全くありません。2週間後には傷口はくぼんでいますが、痛みは全くなく、歯肉と骨が再生してきます。



術後のレントゲン写真と仮歯の写真です。
レントゲン上に見られるインプラントはすべて抜歯即時インプラント手術によるものです。
インプラント周囲には骨がしっかりできていることがわかります。
痛みが少なく、抜歯と同時にインプラント手術が埋入できることから、手術回数が少なく、期間は短く、治りがいい。

ブリッジに痛みがある患者様、抜歯しなくてはいけないと云われている患者様、ぜひご相談下さい。


インプラント かみあわせ 東京 都内 虎ノ門 虎ノ門ヒルズ 神谷町 霞ヶ関 新橋 港区 千代田区 日比谷線 銀座線 噛み合わせ 咬み合わせ 顎関節症 根管治療 マイクロスコープ CT撮影 ホワイトニング セカンドオピニオン 相談 メール相談 審美歯科 メタルフリー 予防歯科 親知らず 歯周病 むし歯 無痛 痛くない麻酔 痛くない治療 歯科ドック