トップページ > その他 > インプラント 虎ノ門の歯医者

インプラント 虎ノ門の歯医者



遠方よりお友達と一緒に来院して下さるとても明るく元気な患者様です。右下奥歯2本が折れてしまいました。痛みも腫れもありませんが、歯周病の基本的な検査(歯周ポケット検査で10mmを超える数値を記録しました。かぶせものを外し確認すると、歯が折れており、抜歯してインプラントを埋入する抜歯即時インプラント手術をすることとなりました。また、他の歯もご苦労されており、子の際、すべてをやり直したい・金属は使用したくないとのこご希望もあり、ファイバーコア+オールセラミックスによるメタルフリー治療をする計画を立案しました。


術前にはCTにより骨幅、骨の厚みなどを立体画像として精査します。CTによるインプラント埋入シミュレーションがとても大切ですね。

オペ室の感染対策は万全に。術者は滅菌済みのディズポーザブル(使い捨て)手術着を着用し手術に臨みます。当院スタッフは感染対策予防管理を熟知、安心して手術に臨めます。



抜歯即時インプラント手術後の口内写真とレントゲン写真です。抜歯と同時にインプラントを埋入します。傷口は自然に治癒します。必要ならば縫合しますがそのままとすることもあります。縫合しないことで、痛みも少なく患者様の術後の違和感はほとんどありません。傷口が清掃しやすいように、しばらくは粘膜に接しないような仮歯を装着します。

レントゲンではインプラントフィクスチャーと骨との間には隙間(黄色の矢印の先の黒い部分)が認めれます。2mm以上ある場合はβ-TCPハイドロキシアパタイト人工骨を挿入しますが、本症例では使用せずに治癒を待ちました。2カ月ほどでインプラントフィクスチャーと骨との結合が獲得されます。その間、来院する必要はなく、痛みや腫れなども全くありません。右写真はその後仮歯粘膜に合わせて調整した新しい仮歯を装着した状態です。上の歯は銀歯を外し、根管治療をやり直し、オールセラミックスで治療を終了しています。




治療終了時の口内写真とレントゲン画像です。白い矢印部分にインプラントが装着されています。レントゲンをみていただくと、インプラントフィクスチャー周囲にはしっかり骨が再生結合していることがわかります。痛みがなく、治癒が早く、期間を短縮できる抜歯即時インプラント手術は患者様にとって大変有益な治療法です。




術前術後の口内写真です。この患者様は、これまで治療の繰り返しにより、かみあわせのバランスを崩し、局所に力が集中し歯が折れてしまいました、そのバランスをかみあわせの治療で治し、審美歯科治療の一法「オールセラミックス」を使用して、審美的・機能的に万全に回復させました。


インプラント かみあわせ 歯医者 東京 都内 虎ノ門 虎ノ門ヒルズ 神谷町 霞ヶ関 新橋 港区 千代田区 日比谷線 銀座線 噛み合わせ 咬み合わせ 顎関節症 根管治療 マイクロスコープ CT撮影 ホワイトニング セカンドオピニオン 相談 メール相談 審美歯科 メタルフリー 予防歯科 親知らず 歯周病 むし歯 無痛 痛くない麻酔 痛くない治療 歯科ドック