トップページ > インプラントのブログ > インプラント周囲炎

インプラント周囲炎



70代女性。スポーツ、運動にとても活発で明るい患者様の症例です。以前に他院にて歯を治したのですが、噛む力が強いことにより左下の歯根が折れてしまいました。他院で施術されたインプラントは、埋入深度が浅く、インプラントの歯周病と云われる『インプラント周囲炎』を起こし、歯肉は慢性的に腫れている状態でした。かみあわせは左に偏り、左の歯を酷使した状態。かみあわせを改善しつつ、すべての歯の根管治療を行い、同時にインプラント周囲炎とインプラント治療を行うという治療計画を立て治療に臨むこととなりました。

まずは左下(写真向かって右側です)の折れた歯を抜歯しました。炎症が大きかったため、抜歯即時インプラント手術はせずに、ソケットプリザベーションを行いました。
その治癒を待つ間に、インプラント周囲炎の手術を行い、全部の歯を仮歯に置き換え、かみあわせを調整。同時に根管治療を行いました。本症例の治癒には約2年ほどの時間がかかりました。




黄色の矢印に先には清掃しやすいように歯肉を調整し、上部構造の形態を変更しました。また、いつでも清掃可能なように上部構造をスクリューリテインとしました。
左側のインプラントは下歯槽管を避け、おなじくスクリューリテインとしました。
以前のような歯肉の痛みはなくなり、左の肩こりや首の痛みは軽減しました。

インプラント かみあわせ 歯医者 東京 都内 虎ノ門 虎ノ門ヒルズ 神谷町 霞ヶ関 新橋 港区 千代田区 日比谷線 銀座線 噛み合わせ 咬み合わせ 顎関節症 根管治療 マイクロスコープ CT撮影 ホワイトニング セカンドオピニオン 相談 メール相談 審美歯科 メタルフリー 予防歯科 親知らず 歯周病 むし歯 無痛 痛くない麻酔 痛くない治療 歯科ドック