トップページ > かみあわせのブログ > かみあわせ 東京都内の歯医者さん

かみあわせ 東京都内の歯医者さん



この症例は、奥歯が折れてしまい抜歯となりました(黄色矢印の歯)。なぜでしょう?

普通の歯並びは、上の歯が下の歯を覆うように歯が並びます。
上の写真は右側は(写真左側)下の歯が上の歯より外に並び、左側は普通の歯並びです。
右側奥歯だけが「受け口」のように、逆になっています。 

使いやすい方を使うのが本能でしょう。

右は上下の歯の位置関係が「逆」なので使いずらい、つまり左側をよく使うことになります。
左側奥歯にはゴールドの冠(クラウン)が装着されています。



左奥歯のゴールドクラウンは 神経の治療済みの歯です。関節もしっかりしており、相当なる力でかみしめることのできる骨格をもっています。

先日、このゴールドクラウンの歯が折れてしまいました。
よく使う側の歯に負担がかかるのでしょう。レントゲンをみていただいてわかるように、この症例の患者様はむし歯にも歯周病にもなりづらい方。もしむし歯になりやすければ、全体の歯が処置されているはずです。しかし、左の奥歯にだけ神経に至る治療の経験がある。これは矛盾することですよね。

これはこの歯にだけ問題があったと考えるのが論理的です。

この度、この歯は抜歯となりましたが、歯を失うのはむし歯や歯周病だけが原因とはいえないことがこの症例からわかります。かみあわせをしっかりと診査した上で治療することがとても大切です。
歯は日々使うもの、その負担が大きいと、歯に小さなヒビが入りそれがむし歯の原因となるといえるでしょう(かみしめによる問題はこちらをご参照ください)本症例の抜歯原因といえるでしょう。

ちなみに、この症例の患者は私です(笑)(^-^;
医者の不養生でしょうか(笑) 私はかみあわせにも多少問題があります。またむし歯の治療もすべて体験しておりますので、患者様のご苦労は一通り経験しております(笑)

いつでもお気軽にご相談ください!私の体験も踏まえて親身にご相談させていただきますね(^^)/


インプラント かみあわせ 歯医者 東京 都内 虎ノ門 虎ノ門ヒルズ 神谷町 霞ヶ関 新橋 港区 千代田区 日比谷線 銀座線 噛み合わせ 咬み合わせ 顎関節症 根管治療 マイクロスコープ CT撮影 ホワイトニング セカンドオピニオン 相談 メール相談 審美歯科 メタルフリー 予防歯科 親知らず 歯周病 むし歯 無痛 痛くない麻酔 痛くない治療 歯科ドック 舩井(船井)幸雄先生に私の知った良い歯科医師(歯医者)として紹介 かみあわせ インプラント 顎関節症