トップページ > インプラントのブログ > インプラント 抜歯 

インプラント 抜歯 


左上小臼歯を抜歯してインプラント予定の症例についてご説明します。
黄色の矢印の先に歯根がまだ残っています。差し歯が装着されていましたが、歯根が折れてしまっていたため抜歯することとなりました。



レントゲン写真とCTの画像です。
初診で来院された場合は、まずレントゲン写真を撮らせていただきます。全体のレントゲン写真をオルソパントモグラフィーといいます。このレントゲン写真で、口内の全体像を把握します。とても大切なレントゲン写真です。 黄色の矢印は、折れてしまっているために抜歯することとなりました。
抜歯した場合の治療法として、①ブリッジ ②入れ歯 ③インプラント の3種類の治療法があります。
この症例の場合、ブリッジをしようとすると、6歯連結の前歯のブリッジを外してやり直さなくてはなりません。患者様と相談し、抜歯する部位に骨があれば、インプラント治療をしてみたい!とのご希望を頂き、CTを撮影しました。

CTではレントゲンでは見えれない3次元画像で診査することが可能です。真ん中のCT画像が横から撮影した画像、右のCT画像が正面(前)から撮影した画像です。
CTより、ただ抜歯しただけでは、頬側の骨がなくなってしまう恐れがあること。また抜歯と同時にインプラント埋入する抜歯即時埋入手術には不適当であったため、ソケットプリザベーションという骨を再生する治療法を選択することとなりました。
(抜歯即時埋入手術とソケットプリザベーションについてはこちらをご参照ください)


普通に抜歯すると、骨がなくなってしまいます。①のように、ななめに外側(頬側)の骨が黄色の線ようのに斜めになくなります。これではインプラント治療を難しくします。(できないことはありませんが、より難易度が高く、GBRなどの骨をつくる治療が必要となり、費用・時間ともにかかります)
丁寧に抜歯し、骨が再生できる場をつくってあげるソケットプリザベーションを抜歯時に行うことで、②のように3か月後にはしっかりとした骨を再生することができます。この状態でインプラントシミュレーションを行います。インプラントを埋入するスペースも十分です!


『いかに難しきことを簡単にするか?』 なにごともこれに尽きるかと思います。
勝負は準備の段階で決まります。難しい症例にしないようにすることがとても大切です。徹底した診査診断と治療法の決定。患者様の負担を少なくするためには適切な診断にもとづく治療計画の立案が不可欠です。当院では、そこに注力します。患者様とのコミュニケーションを大切に毎日の治療に臨みます!お困りの患者様、いつでもご相談ください、必ずご希望に沿った治療を約束します!








インプラント かみあわせ 歯医者 東京 都内 虎ノ門 虎ノ門ヒルズ 神谷町 霞ヶ関 新橋 港区 千代田区 舩井(船井)幸雄先生に私の知った良い歯科医師(歯医者)として紹介 日比谷線 銀座線 噛み合わせ 咬み合わせ 顎関節症 根管治療 マイクロスコープ CT撮影 ホワイトニング セカンドオピニオン 相談 メール相談 審美歯科 メタルフリー 予防歯科 親知らず 歯周病 むし歯 無痛 痛くない麻酔 痛くない治療