トップページ > インプラントのブログ > インプラント かみあわせ

インプラント かみあわせ


左下の奥歯の歯肉が腫れて来院されたTさん。
歯根は折れて腫れているときは、ほとんどが無症状。歯ブラシで出血したり、疲れると腫れたり、固いものを食べると違和感があったりと、はっきりした症状が無いのがほとんどです。Tさんも同様の症状でした。歯根は折れていることをマイクロスコープと歯周基本検査でご説明して抜歯することとなりました。術式は、抜歯即時埋入インプラント手術。抜歯と同時にインプラントを埋め込む手術ですが、痛みが少なく治療期間も短い優れた術式です。白い矢印の歯を抜歯してインプラントを埋入したレントゲン写真とCT確認画像です。

インプラント治療の流れについてはこちらをクリックしてください!



左下6番目の歯を抜歯してインプラントを埋入します。インプラント手術にはCTが不可欠です。医院にCT機器が常設してあるかないかは、その医院でインプラント治療をするかしないかを選択する基準といえるでしょう。
インプラント埋入して2か月後にはヒーリングキャップという粘膜をきれいにするキャップを装着します。装着した状態が上の写真です。



ヒーリングキャップを外して、インプラント上部構造を装着します。上部構造には2種類あります。セメント接着方式とスクリュー固定方式です。詳しくはこちらをご参考ください。当院では、修理がしやすく、メンテナンスのしやすいスクリューリテイン方式を採用しています。

上部構造を装着した状態です。適合、審美性問題ありませんが、かみあわせが少し弱い。ほんの数ミクロンなのですが、妥協はできません。
セットはせずに患者様にご説明し、再度かみあわせをチェックして再製作させていただくこととしました。2週間後にはセットです!あとすこし!がんばりましょうね!Tさん!(^^)/







インプラント かみあわせ 歯医者 東京 都内 虎ノ門 虎ノ門ヒルズ 神谷町 霞ヶ関 新橋 港区 千代田区 舩井(船井)幸雄先生に私の知った良い歯科医師(歯医者)として紹介 日比谷線 銀座線 噛み合わせ 咬み合わせ 顎関節症 根管治療 マイクロスコープ CT撮影 ホワイトニング セカンドオピニオン 相談 メール相談 審美歯科 メタルフリー 予防歯科 親知らず 歯周病 むし歯 無痛 痛くない麻酔 痛くない治療