トップページ > インプラントのブログ > インプラント セカンドオピニオン 外部吸収

インプラント セカンドオピニオン 外部吸収

かかりつけの歯科医にて歯が折れているとの指摘をうけ、当院にご紹介によりセカンドオピニオンをもとめて来院された症例です。マイクロスコープによる撮影写真が左です。白矢印の歯がその歯です。痛みも腫れもなく、患者様の感ずる症状はありません。レントゲン写真を観察すると、歯根中央部に透過像、つまり歯根がなくなっています。これは「外部吸収」という病名で、何らかの原因により、歯根表面のセメント質を失い、破骨細胞により歯根と周囲歯槽骨が溶けてなくなる病気です。ほぼ無症状に進行するため注意が必要です。



当院には歯科用3D-CT装置が常設してあります。インプラント治療には必須の診査機器、患者さまが歯科医院でインプラント治療を決める際、その医院にCTがあるかないかは、治療を決める一つの基準といえるでしょう。 
CTですぐにシミュレーションを行い、インプラントが可能かどうかを確認します。幸い、インプラント治療に必要な周囲歯槽骨は十分にあることがわかり、早速インプラント治療抜歯即時埋入インプラント手術)を行うこととなりました。病状がわからないというのはとても不安なものです。病状がわかれば対策ができます。患者様も安心して治療に臨めます。治療には「診査」が不可欠です。Uさん、がんばっていきましょうね!



インプラント かみあわせ 歯医者 東京 都内 虎ノ門 虎ノ門ヒルズ 神谷町 霞ヶ関 新橋 港区 千代田区 舩井(船井)幸雄先生に私の知った良い歯科医師(歯医者)として紹介 日比谷線 銀座線 噛み合わせ 咬み合わせ 顎関節症 根管治療 マイクロスコープ CT撮影 ホワイトニング セカンドオピニオン 相談 メール相談 審美歯科 メタルフリー 予防歯科 親知らず 歯周病 むし歯 無痛 痛くない麻酔 痛くない治療