トップページ > フェイスブック > 根管治療 ラバーダム

根管治療 ラバーダム


歯が欠けた状態のまましばらく来院できなかった患者様の症例です。
以前に詰めたプラスチック樹脂(コンポジットレジン)が欠けて少ししみる状態でした。マイクロスコープで拡大して撮影します。むし歯がかなり深く進行し、歯の色が変色していることがわかります。歯の神経は壊死しており、感染が拡大する直前の状態でした。早めの来院、早めの治療で本当によかったですね!当院でしっかりと根管治療をさせていただきました。



治療中は、デジタルレントゲンとCTを表示するディスプレイと治療中の口内を静止画・動画記録できるディスプレイの2画面を駆使して治療に臨みます。治療後には患者様に今日の治療の内容をわかりやすくご説明させていただいております。


歯の神経の治療(根管治療)には、ラバーダムと拡大鏡あるいはマイクロスコープは必須です。当院では、マイクロスコープ、CT、拡大鏡ラバーダムをすべて駆使して治療に臨みます!

ラバーダムについてはこちらをクリックしてくださいね!
ラバーダムの必要性についてはこちらをクリックしてくださいね!


インプラント かみあわせ 歯医者 東京 都内 虎ノ門 虎ノ門ヒルズ 神谷町 霞ヶ関 新橋 港区 千代田区 舩井(船井)幸雄先生に私の知った良い歯科医師(歯医者)として紹介 日比谷線 銀座線 噛み合わせ 咬み合わせ 顎関節症 根管治療 マイクロスコープ CT撮影 ホワイトニング セカンドオピニオン 相談 メール相談 審美歯科 メタルフリー 予防歯科 親知らず 歯周病 むし歯 無痛 痛くない麻酔 痛くない治療