トップページ > インプラントのブログ > 歯が折れたらどうする インプラント 東京都内内幸町虎ノ門新橋霞ヶ関の歯医者歯科

歯が折れたらどうする インプラント 東京都内内幸町虎ノ門新橋霞ヶ関の歯医者歯科


いつも明るく笑顔で来院してくださる患者様。入っていらっしゃると医院内が笑顔で溢れます。お身体も立派でかみあわせもしっかりされています。定期検診にて左下のゴールドクラウンに違和感と軽度の腫れがあり、精査させて頂きました。ゴールドクラウンは30年以上も前の治療。永く働いてくれた歯ですね。ゴールドを外すと昔の治療法でしっかりと治されていましたが、際のところからむし歯が進行していました。



肉眼では全くわからないのですが、マイクロスコープで観察すると2つある歯根のうち、1つにヒビが入り折れています。そのヒビから細菌が感染し、歯の周りの歯槽骨を溶かしているようです。こんなときの診断に、マイクロスコープはとても役に立ちますね。

とても歯根が長く、日本人離れした外人さんのような歯の形態をされています。
また歯根の先は丸くなっており、簡単には歯は抜けません。難症例ですね。

これ以上炎症を波及させないためにも抜歯が必要となります。

抜歯後は、入れ歯、ブリッジ、インプラントの3つの治療法が考えられます。
治療法を考える際には「なぜ今回抜歯が必要となったのか?」という根本の原因について考える必要があるでしょう。


ゴールドクラウンの治療方法、土台の立て方、根管治療の状態。すべてにおいて、素晴らしい治療が施されていました。30年もつべくしてもったゴールドクラウンです。しかし、今回折れてしまった。これは、かみあわせによる疲労骨折でしょう。しっかりとした体格をお持ちの患者様、かみあわせの力も相当なるものです。それによる疲労骨折ならば、その大きな力に対抗できる治療法を選択すべきでしょう。ブリッジは3本分を2本で支えることとなり、また健全な歯を削ります。入れ歯は本症例では論外でしょう。インプラントは第2の永久歯が再生するようなものかみあわせに対抗するにはこの治療法しかないでしょう!患者さまにご説明させて頂き、インプラント治療をご選択いただき、CTシミュレーションの上、先日治療させていただきました。治療法は抜歯即時インプラント埋入手術です。

写真はインプラント治療中の写真です。完全滅菌したオペ室を用意して行います。オペ着、マスク、グローブなど可能な限り滅菌された使い捨てのものを使用します。徹底した滅菌管理のもとインプラント治療を行います。安心安全確実な治療ですね。

本症例では、抜歯がとても難しく、少し時間を頂きましたが、インプラントの埋入自体はスムーズに終了しました。患者様もひと安心。今後もYさん、よろしくお願い致します!

―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。関東 東京都内、内幸町、虎ノ門、新橋、霞ヶ関、神谷町、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。