トップページ > かみあわせのブログ > インプラント(前歯奥歯)+かみあわせ

インプラント(前歯奥歯)+かみあわせ


50代女性、これまでご苦労を重ねてきたブリッジを支えている歯が折れてしまい来院されました。折れた歯は、ほとんどが強い痛みがなく、鈍痛に近いのが特徴です。かみあわせの湾曲が強く、このままでは奥歯に強い負担がかかります。左下奥歯と右下奥歯、そして上あご前歯にインプラントを埋入し、そのかみあわせとなる反対側の歯のかぶせものは外してやり直すこととなりました。



このたび歯が折れた原因の一つとして、”かみあわせ”による歯への負担過重が 大きな要因です。全歯を治療する際は、最終形を想定し、治療計画を立案します。上写真のように、ワックスにて理想的なかみあわせを患者様の模型を用いて作り上げます。またこの模型を用いて、インプラントに必要なサージカルガイドを製作し、CTシミュレーションに使用します。


広範囲なインプラント治療の際、ワックスによる最終形の想定とサージカルガイドは必須です。インプラントを埋入する位置に鉛箔を貼り、CT撮影をすることで、埋入位置がCT画上に映し出されます。その位置でCTインプラントシミュレーションを行い、そのガイドを使用して手術をおこなうことで、安心確実なインプラント治療が可能となるのです。当院では、このステップをとても大切にしています。

サージカルガイドを装着してCT撮影することで、インプラント治療を確実に行うことが可能です。


下顎臼歯部(奥歯)にインプラントを埋入して2~3カ月後に、2回目の手術を行います。
写真はヒーリングキャップというキャップを装着した状態です。この上に仮歯を装着します。


治療期間中は、最終形と同型の仮歯を装着し、その機能面・審美性を評価改善していきます。
写真は治療期間中の仮歯です。治療前と比較していただいても機能面・審美面で改善していることがわかりますね!「抜歯してインプラントしている間は、歯がなくなったまま??」というご質問をしばしば頂きます。大丈夫、安心してくださいね!



その後、インプラント周囲の歯茎が安定したら、型どりをします。このあとはメタルトライをして最終的な上部構造を装着することとなります。ここまでくればゴールはあと少しですね。


歯を失った部分にはインプラント(白矢印部分)を、そのほかはオールセラミックスでかみあわせ治療をした状態です。術前と比較して審美・機能面の両面で改善していることがわかりますね。
いつも明るく笑顔の患者さまNさん。この治療をしてもう7年くらいが経ちました。定期検診も欠かさず来院されていることもあり、治療終了してからら一度も再治療がありません。徹底した治療がその一因ではありますが、やはり患者さまの努力がとても大切です。


インプラント かみあわせ 歯医者 東京 都内 虎ノ門 虎ノ門ヒルズ 神谷町 霞ヶ関 新橋 港区 千代田区 舩井(船井)幸雄先生に私の知った良い歯科医師(歯医者)として紹介 日比谷線 銀座線 噛み合わせ 咬み合わせ 顎関節症 根管治療 マイクロスコープ CT撮影 ホワイトニング セカンドオピニオン 相談 メール相談 審美歯科 メタルフリー 予防歯科 親知らず 歯周病 むし歯 無痛 痛くない麻酔 痛くない治療