トップページ > インプラントのブログ > インプラントと歯周病 歯を抜かない

インプラントと歯周病 歯を抜かない


口内全体が歯周病となると、歯を支える骨が溶けてなくなり、歯が徐々にグラグラとしてきます。そこに「かみしめ」や「くいしばり」などの力が加わると、歯のグラグラはさらに大きくなり、さらに歯の周りの骨が溶けてなくなります。これらの症状はほぼ無症状に進行し、気づいた時には相当な量の骨が溶けてなくなっているために、治療として、周りへ拡大しないように「抜歯」が必要となる場合がほとんどです。当院では、歯周ポケットを一つの基準として、治療方針をお話しさせていただきます。

先日、上の図のような前歯の歯周病症例のご相談がありました。歯周ポケットが10mmあり、グラグラの状況です。すぐ隣にはインプラント治療がされていました。かむと痛むので、まずはこれ以上の炎症拡大がなきように、隣り合う歯に接着固定し、抗生物質を服用していただきました。これで歯ぐきの腫れは少なくなりますが、ここまで周りの骨がなくなってしまうと回復は見込めません。

歯周病は、むし歯に比べて痛みの強度が小さく、症状も緩慢なため、「まだ治るのでは?」と患者さまはお考えになることが多く、患者さまのご希望と現実との隔たりが大きすぎるため、説明に苦慮します。この症例のように、隣にインプラントがあると、早期の抜歯が必要となります。

歯を抜かないことはとても大切です。しかし、歯を抜かないことは、ゴールではありません。抜かないことで、他の健康な歯に悪影響を及ぼすことで、食事がしづらく、毎日の生活に支障がでるのであれば、前向きに検討していかなくてはなりません。



当院では、患者さまにとって最善の治療となるように、CTや口内写真、マイクロスコープメドバイザーなどの機器を使用して、患者様にわかりやすい現状のご説明に日々努めております。
患者さまにとっては聞きづらい、理解しがたい現実もあることでしょう。ともに前向きに治療に臨めるよう十分なコミュニケーションに努めております。よろしくお願い致します。