トップページ > インプラントのブログ > インプラント同時にソケットプリザベーション 虎ノ門ヒルズ神谷町霞ヶ関の歯科歯医者

インプラント同時にソケットプリザベーション 虎ノ門ヒルズ神谷町霞ヶ関の歯科歯医者


ブリッジが外れ、支えていた歯(②)が折れてしまいました。②の根の先には大きな病巣をつくっています。痛みがないのは幸いですが、このままではインプラントできません。①には通常のインプラント手術を行いつつ、②の歯を抜歯しつつ病巣を摘出し、同時にソケットプリザベーション(骨をつくる手術)を行うことにしました。

このような病巣を形成している場合、痛みはほとんどの症例でないようです。しかし、このまま放置することで、周りの骨は溶けてなくなってしまうため、早々に処置をするべきでしょう。


(上写真をクリックしますと拡大表示されます)

このような症例の場合、手術に至るまでには、最短でも次のようなステップで治療を進めてまいります。

① 初診時
CT撮影を行います。すぐにCT解析を行い、インプラントできるか否かを確認します。同時にサージカルガイドを製作するための型どりをします。消炎処置と同時に抗生物質の服用をしていただきます。また、インプラント治療に関するご説明と今後の治療方針、費用などについてわかりやすくご説明させて頂きます。


② 2回目の来院 インプラント手術
サージカルガイドを装着してCT撮影を行います。
手術前に口内を丁寧に歯科衛生士が清掃消毒します。その間にCTシミュレーションを再度確認します。その後無痛麻酔・無痛手術へと移行します。

まずは抜歯を行います。病巣をしっかりと取り除きます。その後にインプラント手術をサージカルガイドに沿って安全確実に行います。


(上写真をクリックしますと拡大表示されます)

インプラントフィクスチャーを低速で力をかけずに埋入します。乱暴に埋入すると摩擦熱により骨が壊死してインプラントが定着しません。細心の注意が必要です。その後、抜歯した部位にドリリングで得られた骨とβ-tcpというリン酸カルシウムを混ぜて抜歯したスペースへ填入し、骨を再生させます。その後はしっかりと縫合し治療は終了です。

術前の説明、清掃、麻酔に30分~1時間。
インプラント手術とソケットプリザベーションに30分。縫合に15分ほどです。
術後のご説明とお薬の服用などで30分。計2時間程度です。


インプラント手術では腫れたり痛んだりすることは術後ありません。しかし、このような骨をつくる手術では、術後腫れることがあります。術後の痛みも多少あるようです。そのため、お仕事や旅行、会食などの予定を考慮して手術日程を決める必要があるでしょう。

インプラント治療により、第二の永久歯を得ることができます。わからないことや不安なことがあればお気軽にご相談ください。