トップページ > インプラントのブログ > インプラント 虎ノ門ヒルズ神谷町霞ヶ関の歯科歯医者

インプラント 虎ノ門ヒルズ神谷町霞ヶ関の歯科歯医者



通常のインプラント治療では、一回目の手術で歯槽骨内に人工歯根のインプラントフィクスチャーを埋入設置し、数カ月間、骨と結合するのをまちます。

その後、歯ぐきの下に埋まったインプラントフィクスチャーの頭をだし、キャップ(ヒーリングキャップといいいます)をつけて歯肉を貫通させてます。

上写真は、ヒーリングキャップが装着された状態です。そのヒーリングキャップを外し、型どり用のポストを装着して型どりをします。
本症例では、同時に後ろの歯も型どりをしています。
歯の型どりは、「歯肉圧排」といって、歯の周りに細い絹糸を巻きつつ型どりをします。こうすることで、精度の高いかぶせもの製作することが可能です。型どりする材料は、「シリコーン」を使用し、型どりのトレーはその人その人に適合するトレーを特別に製作し、使用します。

当院では、徹底した診査診断だけでなく、その治療法にもこだわり日々の臨床に取り組んでおります。