トップページ > かみあわせのブログ > かみあわせ・姿勢(東京都内歯医者さん)

かみあわせ・姿勢(東京都内歯医者さん)

当院では「かみあわせの不具合」を主訴に来院される患者様には、様々な診査を行わせて頂きます。そのうちの一つ、「全身姿勢の検査」。

・奥歯が強くあたって痛む
・噛む位置がわからない
・顔、首が痛む
・舌が痛む

様々な症状を訴えて来院されます 。そんな患者様に共通して認められることがあります。



胸鎖乳突筋、前斜角筋、後頭下筋群などの頸部筋群の緊張です。患者様ご自身では自覚はありませんが、信頼のおけるカイロプラクターによる触診検査では、明確な緊張が認められるのです。では、この緊張の原因は何なのでしょうか?



全身姿勢検査から、頸部が前傾している方がとても多いことがわかります。いわゆる猫背です。かみあわせの違和感は、歯科治療を「きっかけ」に発症します。しかし、発症する方としない方がいるのも事実です。発症する方に共通して認められるのがこの姿勢です。この姿勢は歯科治療以前よりお持ちのようです。この姿勢は、骨盤の偏りにより腸腰筋の収縮を伴います。また大胸筋の緊張により肩甲骨周囲の筋のバランスが崩れ、肩甲骨と頸部の筋バランスが崩れます。これにより頸部筋群は緊張し、下顎骨が後方へ引っ張られることとなります。

歯科治療以前には問題なかったのにどうして?と当然考えたくなるのではないでしょうか?当然です。歯科治療をきっかけに発症する症例として共通するのが、「臼歯部の治療」つまり「奥歯の治療です」。



このような「猫背」の姿勢をおもちの患者さまの奥歯には絶えず強い力が頸部筋群よりかけられています。頸部筋群が下顎骨を後方へ引っ張っているのに対抗しているのが「奥歯」なのです。
この奥歯の支えがなくなると、下顎は後方へ押し込められかみあわせの位置を失います。そのため、このような症例では、「仮歯」を適正に製作し、治療期間中はしっかりと維持できる仮歯を装着して治療の臨むことがとてもとても大切になるのです。またこのような症例では、全身姿勢の問題もありますが、かみあわせについても「もとから」問題を抱えていることがほとんどです。患者さまが気づいていなかっただけなのです。ここでひとつチェックしてみましょう。

・カチカチ、ギリギリしても、前歯の接触が”弱い”もしくは”接触がない”
・かみしめる癖がある

ほとんどの患者さまがこの2つの徴候をお持ちです。心当たりのある方は、奥歯の治療に要注意です。

ストレスは自律神経系をかき乱し、呼吸を乱し、筋を緊張させます。これらの緊張が、もとより持つ
華奢な骨格、華奢なかみあわせに働いても、”変化なく維持できていれば” 問題はありません。
しかし、歯科治療や加齢による歯の”摩耗”により、かみあわせ違和感が発現するのです。
ちょうど、コップから水があふれるように、ある一定以上の”ストレス”が何かをきっかけに発症するのです。

原因は1つではなくストレス、歯科治療、骨格、姿勢生活習慣など多岐にわたります。

当院では、詳細なる診査のもとに的確な治療法を選択し、治療に臨みます。建設的に前向きに治療にチャレンジしようとお考えの患者様!いつでもお待ちしております。