トップページ > その他 > ラバーダム 根管治療に必須 虎ノ門ヒルズ神谷町霞ヶ関の歯科歯医者

ラバーダム 根管治療に必須 虎ノ門ヒルズ神谷町霞ヶ関の歯科歯医者



「神経をとる、歯の神経の治療」を「根管治療」といいます。

日本のほとんどの歯科医院では、根管治療の際、ただ削り、神経のある根管内へと器具を挿入します。当院では、ラバーダムをしたのちに、根管治療をおこないます。

根管治療とは、例えるならば、開腹手術を「手術室」で行うことに似ています。
ラバーダムをしてから根管治療をするのは、手術室で開腹手術をすること。
ラバーダムをしないで根管治療をするのは、不衛生は部屋で開腹手術をすることなのです。


むし歯は、 唾液中に存在する”細菌”の感染症です。歯を溶かしながら、歯の内部へ感染を広げる感染症です。

むし歯治療はその溶かされた歯を除去することが目的ではなく、感染している細菌を除去し、人工物(つめものやかぶせもの)で機能回復(かめるように、見た目をきれいに)することが目的です。

細菌が歯の神経にまで及んだ時、神経をとることも大切ですが、神経の存在する根管内を無菌的にすることがとても大切です。

そのためには、根管治療中に唾液が根管内に混入してはいけません。根管治療中の歯に、唾液が触れることは、治療を阻害するばかりでなく、再感染をする危険性が高まります。

当院では、すべての症例において根管治療の際はラバーダム防湿を行います。
保険診療・保険外診療の区別なく行っております。

このラバーダム防湿には消毒、滅菌、器具の煩雑さなど、とても手間のかかる治療です。そのために日本のほとんどの歯科医院でおこなわれていないのが現状ですが、やならくて良い治療法ではありません。歯科治療は外科治療です。滅菌消毒の徹底した環境下で手術はおこなわれるべきでしょう。

根管治療でお困りの際はぜひご相談下さい。当院の優秀なるスタッフと共に一生懸命に治療に臨ませていただきます。

根管治療は、開腹手術を「手術室」で行うことに似ています。
ラバーダムをしてから根管治療をするのは、手術室で開腹手術をすることです。
ラバーダムをしないで根管治療をするのは、不衛生は部屋で開腹手術をすること。
手術をするなら、細菌感染のない滅菌消毒された環境で行いませんか?
皆さんはどうですか?