トップページ > インプラントのブログ > 左右の奥歯にインプラント 50代女性 虎ノ門ヒルズ神谷町霞ヶ関の歯科歯医者

左右の奥歯にインプラント 50代女性 虎ノ門ヒルズ神谷町霞ヶ関の歯科歯医者

ご紹介で来院されました患者さまの症例です。
左右第一大臼歯が折れてしまったためインプラント治療となりました。



症例は50代女性、左右の口内写真です。
左側の第1大臼歯(6番目)の歯が欠損しており、反対側の(右側)第1大臼歯は以前に差し歯(銀歯)を装着しましたが、折れてしまっていました。

痛みのないのが幸いで、歯の無い両隣の歯はキレイな天然歯です。削ってブリッジを装着するには忍びないため、インプラント治療をすることとなりました。

歯を失った際は、入れ歯、ブリッジ、インプラント治療の3種類があります。口内を精査した上で、患者さまのご希望を考慮して治療する必要があります。
(入れ歯?ブリッジ?インプラント?についてはこちらをクリック)


このような”くいしばり”が原因で歯を失っている症例では、可能な限りこれ以上歯に負担をかけないようにしたいものです。インプラント治療は、歯を削ることなく、歯を再生する優しい治療です。このような症例では最適で最善の治療法といえるでしょう。



右側のインプラント治療、術前術後です。右側は銀歯を抜歯すると同時にインプラントを埋入する”抜歯即時インプラント手術”で行いました。手術回数・治療期間の短縮と痛みの軽減からこの術式はとても優れた方法です。当院では積極的に抜歯即時インプラント手術を行っております。
(抜歯即時インプラント手術の実際はこちらをクリック。)

右側は通常のインプラント手術です。事前の歯科用3D-CT診査により、骨量・骨幅を精査した上で治療に臨みます。安心・確実なインプラント治療が大切です。