トップページ > その他 > 60代女性 かみあわせ+インプラント治療 虎ノ門ヒルズ神谷町霞ヶ関の歯科歯医者

60代女性 かみあわせ+インプラント治療 虎ノ門ヒルズ神谷町霞ヶ関の歯科歯医者

千葉県遠方より紹介で来院いただいた患者さまの症例。
60代女性、かみあわせと上下臼歯部にインプラント治療をおこないました。



60代女性。他院にて「入れ歯」や「ブリッジ」を作り直すも歯が折れてやり直し治療を繰り返していました。その医院ではインプラント治療はできないとの話もあり、紹介で当院を受診されました。
(上写真は、治療前とインプラント治療後の写真です。右写真は、上下のかみあわせ面の写真です。クリックで拡大表示されます)

患者さまには 「Dental Compression Syndrome (以下DCSとします)」がありました。つまり「異常なかみしめ」です。
(DCSの詳細はこちらをクリックしてください!)
本症例の治療の際は、このかみしめに対応できるかみあわせ治療を考慮して治療にあたりました。

患者さまの「かみしめ」はとても強く、装着した歯を壊したり、または、製作した差し歯が折れて抜歯となり、インプラント治療を追加する必要もありました。その可能性つきましては、事前の診査と治療計画にてお話しをしておいたため、患者さまに不安をかけることなく治療をすることはできたのですが、”かみしめ”の力は尋常なるものですね!

上下、左右に施術したインプラント部位の拡大写真とレントゲン写真です。

このような口内全体にわたるインプラント治療では、右上→右下→左上→左下といったように、少しずつ時間差で治療を進めることで、食事のできるところを確保しつつ治療を進めていきます。当然、その間は仮歯を製作し、審美性(見た目)を維持しつつ治療を進めますので安心です。

このように噛む力の強い症例では、奥歯から歯を失ってしまいます。これは単にむし歯や歯周病といったことが原因ではなく、「かみあわせ」という「過大なる力」が歯を壊していることが原因です。
それに対応できるかみあわせを構築することが必要不可欠でしょう!

インプラント治療後は、ご自身の歯がよみがえり、美味しくお食事を楽しめるようになりました。入れ歯を装着する必要もなく、お話しがしやすく、快適な毎日を過ごせる!とお喜びです。

インプラント治療後は、その状況を維持できるように、定期的なメンテナンスとマウスピースの装着を睡眠中にはお願いしております。