トップページ > フェイスブック > 頬が腫れた 神経・根の治療(根管治療)虎ノ門ヒルズ神谷町霞ヶ関の歯科歯医者

頬が腫れた 神経・根の治療(根管治療)虎ノ門ヒルズ神谷町霞ヶ関の歯科歯医者


他院にて2か月前に右上第1大臼歯の神経の治療(=根管治療)を受け、治療は終了したのですが、違和感に近い痛みと頬の腫れがあり、当院を受診された患者さまの口内写真とレントゲン写真です。

痛み・頬の腫れの原因は何でしょうか?

歯の根っこの中にある神経は複雑です。

上顎の第1大臼歯には、根っこ(歯根)が3つあります。3つの歯根にはそれぞれ1ずつ神経があるのですが、4つ目がある症例もあります。



当院ではラバーダムというグリーンシートで治療する歯を隔離した後に根管治療に臨みます。

非常に細い根管を見つけるためには、肉眼では不十分です。

当院では、ラバーダムに加えて、マイクロスコープ拡大鏡を駆使して治療します。下の写真は、マイクロスコープにて拡大した治療中の歯の画像です。

(※ラバーダム・マイクロスコープ・拡大鏡は、保険治療・保険外治療に関わらず使用します。)



根管治療が済むと、神経のあった根管には樹脂をつめこみます。上写真のピンク色の部分がその樹脂を詰めた後です。つまり、この歯には神経が3つあったということになります。

マイクロスコープにて丁寧に観察し、残った神経(根管)はないか?を特殊な薬液と染色液を使用して調べます。すると、黄色の矢印部分にもうひとつの神経を発見。これが痛み・頬の腫れの原因です。



この神経(根管)は肉眼では見つけることが難しく
、肉眼では経験と勘に頼らざる得ないの現状です。当院では、マイクロスコープにて安全確実に治療を行っております。

当院には第一大臼歯の痛みが取れない、頬が腫れたという訴えで来院される患者さまを多く拝見していおります。

神経の治療をしたのに痛みが取れない、違和感がある、腫れてきたなどの症状がある際は、お気軽にご相談ください。