トップページ > インプラントのブログ > 左下奥歯ブリッジ折れてインプラント治療 虎ノ門ヒルズ神谷町霞ヶ関の歯医者

左下奥歯ブリッジ折れてインプラント治療 虎ノ門ヒルズ神谷町霞ヶ関の歯医者

ブリッジの支えの歯が折れてしまい、抜歯と同時にインプラントを3本埋入した1症例



50代後半女性、左下奥歯のブリッジに違和感を訴えて来院されました。ブリッジを支える黄色の矢印の歯は、神経の治療(根管治療)をして10数年経過しているとのこと。精査すると、歯が折れてしまっており、抜歯して治療することとなりました。
歯をすでに失っている青い矢印のところには通常のインプラント治療をすると同時に、黄色の矢印の歯を抜歯して即インプラントを埋入する抜歯即時インプラント手術を同時に行いました。これにより、手術回数を1回少なくするとともに、治癒期間が大幅に短縮(6カ月から1年短縮)、痛みも少なくすみます。



左がインプラント治療後の口内写真、右がそのレントゲン写真です。

従来の方法では、ブリッジができないため、入れ歯となってしまう症例ですが、インプラント治療による歯が蘇り、より自然に、より快適に美味しくお食事ができます。
残っている歯に負担をかけることなく歯が蘇るインプラント治療は、とても優しい治療ですね。

―宮崎歯科医院について―舩井(船井)幸雄先生に私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者として紹介され、インプラント&かみあわせ(顎関節症)に精通した歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく全国から患者さまが来院されています。ご来院の際は、ご予約いただけますようお願い致します。最寄り駅は、日比谷線・神谷町駅、銀座線・虎ノ門駅、千代田線・霞ヶ関駅です。マイクロスコープ・CT撮影・ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療を行います。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。一般歯科治療だけでなく、ホワイトニング・審美歯科・メタルフリー・予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病・むし歯治療を痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。