トップページ > インプラントのブログ > 入れ歯からインプラントへ8年経過症例 虎ノ門ヒルズ神谷町霞ヶ関の歯科歯医者

入れ歯からインプラントへ8年経過症例 虎ノ門ヒルズ神谷町霞ヶ関の歯科歯医者



約8年経過した患者さまの症例。定期的にメンテナンスに来院していただいている患者さま。先日も来院いただき口内の写真を撮らせていただきました。
「なんでも食べれる。健康でありがたい。インプラントして良かったよ」
患者さまのご感想とご実感です。

入れ歯が支える歯を抜歯したのを機会に、以前より考えていたインプラント治療を受ける決心をされたのが8年前。

入れ歯は残っている歯に入れ歯を引っ掛けることで残っている歯に負担がかかります。また、入れ歯をのせている歯槽骨は経年的にやせ衰えるため、数年おきに作り替える必要もあり、インプラントを考えた時にはインプラントに必要は歯槽骨がなくなってしまっていることがしばしばです。

入れ歯からインプラントを決心するには「できるだけ早く」というのがとても大切。

入れ歯よりインプラントにすることで咀嚼能力が高まります。
入れ歯では軟らかい「炭水化物(糖質)」「脂質」に偏りがちな食生活も、インプラントでは、歯ごたえのあるもの(「タンパク質」「ビタミン類」=肉類や野菜)も食べることができるようになります。

高血圧・糖尿病・心臓疾患などの成人病は、食生活がその原因の1つなのです。

歯の健康は、Quality of LIFEに寄与します。インプラントで噛む力が強くなり、思いっきり笑い、会話を楽しみ、好きなものを味わうことができる。

毎日の食事が楽しくなるインプラント。入れ歯にはない、自然なかみ心地が得られます。


―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング・審美歯科・メタルフリー・予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。