トップページ > フェイスブック > 虎ノ門ヒルズ抜かない歯医者 

虎ノ門ヒルズ抜かない歯医者 



他院にて神経の治療(根管治療)を2回しましたが、「これは治療がむずかしい、歯を抜いた方がいい」と担当医にいわれ、痛みもあり、なんとか抜かないですまないだろうか?と当院を受診されました。上写真は初診時のレントゲン写真と、ラバーダムしてマイクロスコープで撮影した根管内の写真です。

根管治療をした医師とその上に土台(コア)を植立した医師は同じ医師であるとのこと。つまりは根管治療がどの程度できているのか?を知り、どんな土台を植立したか?を知る医師が「歯を抜いた方がいい」と言ったとのこと。。。

レントゲンでは根管治療は不十分であることがわかります。また、現状をマイクロスコープで拝見すると、プラスティック樹脂製の土台はまだ除去されておらず、根管治療ははじめられていませんでした。

土台も除去せず、根管治療をしていないにも関わらず、「歯を抜いた方がいい」という判断。疑問と憤りを感じます。

当院でラバーダムをした上でマイクロスコープでみながら土台を除去。根管より排膿が認められましたので清掃し貼薬しました。次回来院時には痛みはなくなっていました。これから更なる精査加療をした上で、歯の抜かずに残します。

当院では全力で治療に臨みます。 
お困りの患者さまはご相談ください。



―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング・審美歯科・メタルフリー・予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。