トップページ > インプラントのブログ > インプラントしない削らないでブリッジ?

インプラントしない削らないでブリッジ?


30代男性。左上側切歯が先天欠如し、そこに犬歯が並び、その隣に乳歯がありましたが、最近になって乳歯が自然に抜け落ちてしまいました。

欠損した両側の歯は健康そのもの。削ってブリッジを装着するには惜しい歯です。当院では、CT診査の上、インプラント治療をおススメしましたが、『削らずになおかつインプラントはしない方法はありませんか?』とのご希望をいただきました。そこで、メリーランドブリッジという治療法をご提案させていただきました。上写真は、メリーランドブリッジ装着前・装着後の写真です。


欠損した歯の裏側を最小限に形を整えて削ります。本症例では貴金属系の材料を使用し、歯色部分はハイブリッドセラミックスを使用しました。歯をほとんど削らないため、麻酔も必要ありません。裏側の銀色が気になる場合は、ジルコニアセラミックスを使用して歯の色にすることも可能です。


上写真は右下奥歯へ応用したメリーランドブリッジの模型写真です。この症例では、もとより在った両隣在歯のメタルインレーを外してそのスペースを生かしてメリーランドブリッジを製作しました。数年経過していますが、経過は良好です。

メリーランドブリッジは、いわゆるブリッジに比べて歯を削る量が極端に少なく、インプラント治療をせずに治すことが可能です。お気軽にご相談ください。


―宮崎歯科医院について―
舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科・メタルフリー・予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。