トップページ > その他 > ソケットプリザベーション 東京都内虎ノ門ヒルズ霞ヶ関神谷町歯医者歯科

ソケットプリザベーション 東京都内虎ノ門ヒルズ霞ヶ関神谷町歯医者歯科

ただ歯を抜いてはいけません。その後の治療をどのようにするのか?
ゴールを決めて、歯を抜きましょう!ソケットプリザベーション、大切です!



50代男性。歯では大変ご苦労を重ねていらっしゃる患者さまが当院を受診されました。左上奥歯のブリッジが折れてしまい、その上の上顎洞にまで炎症が波及した状態。ここまで病状が進行すると痛みはなく、咬んだ時の違和感と多少の腫れ程度の症状となります。
放置すると、周りの骨がさらに溶けてしまいます。将来的にはインプラントをお考えということもあり、可能な限り歯を支える歯槽骨を温存、できれば回復させるべく抜歯と同時にソケットプリザベーションを行いました。ソケットプリザベーションとは骨を回復温存させる抜歯術です。



術前のCT画像です。黄色の矢印がブリッジを支える歯。通常この歯を支える歯槽骨は赤線の高さまであるのですが、歯根が折れて感染したことで、黄色の線まで歯槽骨は溶けて失われています。このまま普通に抜歯してしまうと、黄色の線まで歯槽骨はなくなり、薄っぺらい歯槽骨となってしまい、インプラント治療の難易度を上げてしまうことになります。可能な限り、赤線のところまで歯槽骨を回復してあげる処置、つまりソケットプリザベーションが必要となるのです。



ソケットプリザベーションは滅菌消毒された手術ユニットにて行います。術者は簡易ガウンを着用します。抜歯後に生ずるスペース(穴)にはβ-TCP(リン酸3カルシウム)という人工骨を補填し、膜(バイオメンド)で覆ったうえで縫合します。



ソケットプリザベーション
には様々な術式があります。本症例では丁寧な抜歯後に歯肉溝切開(黄色の線)で粘膜を開き、病巣を除去しつつ歯槽骨の形態を整えます。その後にβ-TCPを補填して膜を置いてから縫合します。骨が回復するスペースを作るためにも粘膜には減張切開を付与します。これにより術後に頬部に腫れが多少生じます。「腫れ」はその部位に血液が集まっているということです。つまり治癒が促進しているということ。腫れはとても良いことなのです。しかし過剰な腫れは痛みを伴うため、腫れのコントロールが必要となります。当院では、腫れをコントロールします。術前・術後にどの程度、どの時期にどのくらい、どこに腫れが生ずるか?をあらかじめご説明いたします。安心して手術を受けていただけます。ここまで説明させていただいた治療はすべて「無痛麻酔・無痛治療」です。ご安心下さい。

ソケットプリザベーションには術後多少の腫れを伴いますが、この腫れはあって然るべきであり、なくては困るものです。腫れることは血液が集まることであり、そこに骨・歯肉が再生してくれている証です。

抜歯をする前に、その後どのような治療を望むのか?によって、抜歯の手技・方法は異なります。抜歯する前にご一考頂けますようお願い致します。お気軽にご相談ください。



―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。