トップページ > フェイスブック > 審美+根管治療 右下の奥歯

審美+根管治療 右下の奥歯



40代男性、右下大臼歯の違和感を主訴に来院されました。写真は治療終了時、ハイブリッドセラミックスを装着した口内写真です。噛む力の強い患者さまには適した材質といえるハイブリッドセラミックスの治療過程をご報告させていただきます。

治療スケジュールは、1カ月ほど。
①初診時 根管治療
②根管治療終了
③ファイバーコア+仮歯セット 型どり
④ハイブリッドセラミックスセット


写真は初診時の口内写真です。マイクロスコープで診査すると、銀合金の詰め物が擦り減り、歯もすり減り、隙間ができています(黄色矢印)。レントゲン写真ではその部位が黒く写っており、むし歯が疑われます。神経近くまで進行したむし歯であるため、ラバーダムを装着してむし歯治療に臨みます。
神経を残す治療はこちらをクリックご参照ください


マイクロスコープで慎重にむし歯を除去します。むし歯は神経にまで到達していたことから、根管治療を行いました。本症例の第2大臼歯は、2歯根3根管が基本です。3根管を明示し拡大清掃します。根管内を無菌化すると痛みや不快症状はなくなります。



根管治療後に型どりをして、ファイバーコアを植立します。柔軟性のあるファイバーコアは歯の寿命を長くします。その上にかぶせものを製作しますが、かぶせものは精度が命です。形を整えて、歯肉圧排をおこない精密な型どりをします。型どり後は仮歯を装着します。



ハイブリッドセラミックスはメタルとハイブリッドセラミックスで作られています。裏側には歯の削除量を少なくするためにメタルが一部露出しますが審美性を損なうものではありません。症例によってはすべてをハイブリッドセラミックスで覆うことも可能です。本症例のように、噛む力が強い症例では、審美的にも優れ、また柔軟な素材であるハイブリッドセラミックスは適した材料といえるでしょう。 



―宮崎歯科医院について―
舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。