トップページ > インプラントのブログ > 残念ですが、歯根破折

残念ですが、歯根破折



以前に他院にて根管治療した歯を、当院にて再根管治療をして、ファイバーコア+ハイブリッドセラミックスを装着した患者さま。

治療した歯の歯ぐきが腫れて来院されました。
拝見すると、痛みはないのですが腫れており、精査の結果、歯が折れている可能性が高いことがわかりました。患者さまにその旨ご説明させていただき、ハイブリッドセラミックスを外したところ、歯根にヒビが入っていることがマイクロスコープで判明。抜歯させていただくこととなりました。

抗生物質を服用していただくことで腫れは治まったのですが、割れてしまっている歯根を残しておくと、周囲の歯槽骨が溶けてなくなってしまいます。患者さまと相談し、インプラントを見据えて、ソケットプリザベーションをすることとなりました。

根管治療+ファイバーコア+すり減りを許容できる素材ハイブリッドセラミックス。
ベストをつくしても、かみしめの力には負けてしまったのが悔しい。患者さまにも申し訳ない気持ちです。

先日ソケットプリザベーション後の消毒。治癒経過は良好です。

最初の根管治療でベストを尽くせると成功率は90%以上。
(根管治療の成功率についてはこちらをクリック)
しかし、2度目以降の再根管治療歯成功率が60%台へと減少します。
対するインプラント治療の成功率は98%以上(当院は100%)、
しかし抜歯してのインプラント。しかし再根管治療して治癒経過が良くなく、周囲の歯槽骨をいたずらに失うと、その後に行うインプラント治療は困難を極めます。

治療のゴールをどこに見定めるかによって、正しい治療方針と治療方法は変わってくるのです。治療に対するご希望は皆、さまざま。当院ではコミュニケーションを大切に日々の診療に臨んでいます。

抜歯にならないためには、

〇できるだけ神経の抜かない治療を
(→詳細はこちらをクリック)

徹底した根管治療

治療とならないように予防で当院を受診していただければ幸いです。