トップページ > その他 > 審美歯科治療とは?東京都内虎ノ門ヒルズ霞ヶ関神谷町歯医者歯科

審美歯科治療とは?東京都内虎ノ門ヒルズ霞ヶ関神谷町歯医者歯科



上顎右側側切歯、犬歯のむし歯治療。
表題にさせて頂いた「審美歯科治療」といっても、特別なことをするわけではありませせん。

私の考える審美歯科治療は、私が大学院で修行中のころにさかのぼります。博士号取得に臨床と研究、教育に精進していた大学院の4年生の頃、韓国審美歯科学会会長と会食をする機会がありました。
恩師の代役としてお相手をさせて頂き、とても緊張したのを憶えています。話す内容もなく、そのころの私は「かみあわせ・咀嚼機能」などの「顎口腔機能(口周囲全般の機能のこと)」に関わる研究にたずさわっていたこともあり、審美歯科学会のトップにこんな質問をぶつけてみました。


「審美を追求すれば、機能の回復はできますか?それとも、機能を追求すれば、審美もおのずと得られますか?」

「いい質問だね、機能を追求した治療であれば、おのずと審美は得られるね。しかし、審美だけを追求しても、機能は伴わないこともあるよ」


歯科治療とは、炎症のコントロールと力のコントロール。とてもシンプルです。

炎症とは、口内に存在する「むし歯菌・歯周病菌の感染」を取り除くこと。取り除けば自然と治ります。取り除くことで生じた欠損(削った跡)に、「究極の偽物」をマイクロ単位で”精度高く”作り上げること、これが大切。そこに、「かむ、のみこむ、話す、くいしばる」などの「機能」に耐えうる形態を付与する、つまり歯に加わる「力(ちから)」をコントロールすることが、長持ちする治療結果を生みます。

機能が得らえるよう配慮した治療であれば、「審美」はおのずとついてくるのです。

歯科治療に大切なことは、
・徹底した感染の除去
・日夜使用する歯へかかる力に耐えうる形態
この2点を実現すべく、心身から診た治療が必要となります。

審美歯科治療とは、なにも特別なこと、特別な方法、特別な材料があるわけではありません。医療として「あたりまえのことをあたりまえに」成すことで得られるが「審美歯科治療」でしょう。



本症例はまず、マイクロスコープにてむし歯を精査、神経を残すべくラバーダムをして、患部に唾液が混入しないよう配慮しつつ治療に臨みます。

しかし、むし歯は神経にまで及んでいたため、根管治療へと移行します。徹底した根管治療がその成功率を上げることとなります。その後は、ファイバーコアを植立仮歯を製作し、オールセラミックをかぶせることとなります。オールセラミックスは、日々使用する過酷極める口内環境に、物理的にも化学的にも安定して耐えうる優れた素材です。



隣接した歯のかぶせものは、長い年月の間に隙間からむし歯が進行している状態です。患者さまにはご説明した上で、定期的にメンテナンス・ご自身でのブラッシングの徹底で様子をみることとなっていますが、いずれ治療しなくてはいけません。

なにがいい治療なのか?どうすればいいのか?患者さまはわからないことばかりでしょう。お気軽にご相談下さい。




―宮崎歯科医院について― 舩井(船井)幸雄先生の著書「退散せよ似非コンサルタント」(52頁の超プロの5条件で紹介される)や 私の知った良い歯科医師(歯医者)、信頼できる歯医者・名医として紹介され、インプラントかみあわせ(顎関節症)治療で多くの患者さまを拝見する歯科医院です。東京都内、虎ノ門、虎ノ門ヒルズ、神谷町、霞ヶ関、新橋、港区、千代田区だけでなく関東近県、全国から患者さまが来院されるため、ご来院の際はお電話・メールにてご予約いただけますようお願い致します。インプラントかみあわせだけでなく、マイクロスコープCT撮影ラバーダム防湿を駆使した最先端根管治療ホワイトニング審美歯科メタルフリー予防歯科・親知らずの抜歯・歯周病治療・一般むし歯治療など、痛くない麻酔、痛くない治療で行っております、安心してご通院頂けます。セカンドオピニオンやご相談、メール相談も多数頂いておりますのでお気軽にご相談ください。